数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

U-NEXT

Hulu「28日後...」を見た感想ーパニック時には人が一番怖いー

新型コロナウィルスが世界中で感染拡がる昨今、2002年製作のイギリス映画「28日後...」を見ました。
監督はスラムドッグミリオネア127時間のダニー・ボイル。



猿の感染を発端にゾンビ化するウィルスがイギリスに蔓延して、、、、という話です。
今はゾンビ映画やゾンビドラマが定番コンテンツとなっていますが、ウォーキングデッドが放送開始されたのは2010年なので、当時でいえば結構先行ってますよね。

映画としては前半はゾンビから逃げ、後半は人同士の争いという展開です。
主役のバイクメッセンジャーが後半に無双状態になるのは映画的ではあるし、走るゾンビ設定もそこまで生かされていない気が。。。
でも、最初から最後まで緊張感を崩さない展開ですので、飽きずに見れます。



127時間やスラムドッグミリオネアのほうがダニー・ボイル監督作品としては面白かったかなー。
個人的にはゾンビ映画としては「ドーン・オブ・ザ・デッド」のほうがゾンビ設定生かしていてエンディングも救いようがなくて好き。


2020年2月25日現在、U-NEXT、Huluで見放題配信中です。





U-NEXT「SUITS:ジェシカ・ピアソン シーズン1×1・2話」を見た感想

SUITS/スーツのスピンオフ作品「SUITS:ジェシカ・ピアソン」がU-NEXTで見放題配信開始されたので、1話と2話を見た感想です。
無料トライアル実施中!<U-NEXT>
一言でいうと、
SUITS/スーツを見たことがある人には面白く、ジェシカがシカゴに場所を変えて権力闘争しているドラマです。




ここからはネタバレありの感想です。
シーズン6中盤で金儲けのための弁護士活動と事務所での権力闘争に疲れ、弁護士になった本来の目的だった人の役に立つ弁護士活動をするためにニューヨークを去り、恋人ジェフについていく形でシカゴに引っ越したジェシカ。
そんな彼女がシカゴ市長の下で働くことになる今回のドラマ。
雇われた背景も裏で不正を行っている市長が内部にジェシカを巻き込めば、彼女に暴かれることはないだろう、という理由から。
ジェシカが先手先手を打ちながら、市が抱える問題を解決していくドラマです。
問題を解決といっても、勧善懲悪スタイルではなく、お互いが得するように策略をめぐらすところがSUITS/スーツ本編と通じます。

正直、スーツみたことない人からしたら、「あの偉そうなおばさん誰??」としょっぱなから疑問を感じると思いますが、スーツ見たことある人は違和感なく入り込めるでしょう。

ジェシカは相変わらず、自分を陥れた人物にはやり返すし、裏工作はするので、結局は権力闘争が好きなのね、と感じます。
そのうち、市長の座も奪いそうな勢いです。


とはいってもシーズン1でキャンセルが発表されました。
スーツ本編もシーズン9でキャンセルとなったので、放送タイミングが1-2年前だったら、ジェシカのスピンオフももっと続いていた気がします。
ネットフリックスとか買い取って続編作ってくれない限り、次はないでしょう。

とはいっても、あのできる上司感ビンビンのジェシカが新しい環境でいちから這い上がっていく姿は(ときにやり方はエゲつない)爽快。

面白いです!

現状、動画サブスクサービスではU-NEXTのみで配信中。(2020年2月5日時点)



SUITS/スーツ本編は日本ではシーズン8のDVDが発売中。





カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード