ネットフリックスで配信中のオリジナル映画「ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから」を見た感想です。
最近、中国系女性が主人公のネットフリックス映画多いな。
穏やかで優しい気持ちになれる作品でした。
休みの日にのんびり見るのはいい映画。
おすすめ度。 ☆3.5


脚本・監督はアリス・ウー。
台湾からアメリカに移住した女性でスタンフォード大学で博士号を取り、マイクロソフトで働いてきた大変優秀な女性。
映画監督作品は「Saving Face/素顔の私を見つめて」に次いで2作目。

主役は中国から移住してきた地味な中国出身の女の子エリー。
アメフト部のダニエルから学校一の美人アスターへのラブレター代筆を頼まれるところからストーリーが展開していきます。

<ネタバレありの感想です>
登場人物に悪い人が出てこなくて、田舎の風景や音楽も穏やかで見ていて癒される作品でした。
映画の中でも言葉ではエリーがアスターを好きなのか、ダニエルがエリーを好き化のか、エリーはダニエルとアスターのどっちを好きなのか名言していないし、おそらく3人の心の内でもはっきりとわからずモヤモヤしているところが青春って感じで甘酸っぱかったです。

最後、エリーが大学へ旅立つ電車をダニエルが追いかけるシーンもよかったな。
はっきりと感情を言葉にするわけじゃないんだけど、なんか泣けました。


手紙のやりとりも言葉がしゃれていて、本をよく読む人たちが知的に楽しんでる感じでよかったです。
アスターの周囲と実は溶け込めてないところを理解しているようで、彼女もなんとなくエリーが代筆しているとわかってるようでした。
アスターは友達としてエリーを見ていたのか、好きだったのか、答えは映画では出していない。
おそらくまだはっきりしていなんだろう。


青春の1ページを丁寧に切り取った作品。
心がキレイになる癒し系映画でした。


アリス・ウー監督の初監督映画はこちら。



ランキング参加中!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村