海外ドラマ

Netflix「オザークへようこそ シーズン3」を見た感想(ネタバレあり)~堕ちるところまで堕ちていく~

ネットフリックスのオリジナルドラマ「オザークへようこそ」。
なんとなく見始めたら止まれなくなり、4日でシーズン3まで一気見しました。
ネットフリックス製作のオリジナルドラマでここまでハマったのは初めて。
(「ハウス・オブ・カード」「フラーハウス」「グレイス&フランキー」などいろいろ見ましたが、どれも大してハマらずシーズン1か2の途中で見るの止めちゃった、、、。)

ちゃんとした上品な一家が麻薬カルテルの資金洗浄の片棒を担ぐことになり、一家総出で深みにハマりにハマって抜け出せなくなるストーリー。
奇をてらうシーンはそこまでないんですが(ダーリーンの暴走くらいか)、エピソードを重ねるごとに悪事にハマりながらも登場人物が生き生きしていくところが面白い。

ネタバレありの感想です。


シーズン3は文句なしに最高でした。
マーティとウェンディの夫婦対決。
なにひとつ上手くいかない展開。
情緒不安定なベンのエピソード8での暴走。
ネジがぶっ飛んだダーリーンの感情に任せた行動
(策略家が多い分、ダーリーンの行動は逆に清々しい)
ダーリーンとワイアット・ルースの地元連合結成。

シーズン4が待ち遠しすぎる。


マーティはあくまでも麻薬カルテルから抜け出すことを最終目標としている感じがあるんですが、ウェンディは抜け出せないと腹を括っていて今の立場から成り上がろうと策略を練るんですね。
2人で目指す方向が真逆だからか、お互いの邪魔をするんですよ。
夫婦カウンセリングでは自分有利に進めるよう、お互いにカウンセラーを買収したり、もうグチャグチャ。
マーティはウェンディを盗聴したことがばれて、ナバロ(メキシコで2番目に大きい麻薬カルテルのボス)に誘拐されちゃうし。

ベンがエピソード8でヘレンが娘といるときにすべてをぶちまけちゃい、どんどんウェンディが追い込まれる話が一番エピソードとしては緊迫感アリ面白かったです。
ベンが通りすがりの人に「ナバロに殺される!助けて!」と言っちゃったり、携帯買ってヘレンに謝罪の電話を勝手にしたり、すべてが裏目に出る行動をとり、どんどん追い込まれるウェンディ、バード一家。
最終的にウェンディが取った行動はしょうがないとしても恐ろしい。。。。


ダーリーンがカンザスシティのマフィアと最終的に組んだシーンも熱い。
ルースもダーリーン側に行っちゃったし、シーズン3ではサイドストーリー的扱いだったダーリーンがシーズン4ではいよいよ本筋に本格的に戻ってきそう。


シーズン3では妙に落ち着いたシャーロット。
もうすでに資金洗浄に足踏み入れてる感じで、バードもウェンディも「I'm pround of you」って最後は言ってましたが、これも冷静に考えたら怖い。
未成年のシャーロットに資金洗浄業務をさせるって、どうかと思う。
ルースが去り、人員が他にいないんだろうけど、シーズン4ではシャーロットももっと絡んでくるのかな。
ジョナは反抗期ですかね。
シャーロットと同じく反抗期を乗り越えて、腹くくったら大きな戦略になりそうではありますが。
そのうち、仮想通貨を利用した資金洗浄もやりそうな勢いではあります。


シーズン4が待ちきれません!


ジェイソン・べイトマンってオザーク出る前はコメディ中心に活動していたらしい。
モンスター上司にはジェニファーアニストンも出演しています!



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



Netflix「スノーピアサー シーズン1×1・2話」を見た感想

ネットフリックスで昨日配信開始となった海外ドラマ「スノーピアサー」を見た感想(ネタバレあり)です。
「パラサイト」でアカデミー賞を取ったポン・ジュノ監督が2013年に製作した映画のドラマ版。
一気に公開する形ではなく、3話以降は毎週最新エピソード配信となるスタイル。



2話まで見た感想ですが、、、、
「次が待ちきれない!!!」となるほど中毒性や高揚感はまだないのが正直な感想。
設定にも結構無理がある気がするんですよね。
なぜ列車が人類最後の砦に?
チケット代払っていない無賃乗車集団が「食料よこせ!」「革命を起こそう!」と騒いでいるのも、そもそも無賃乗車じゃん、、、とイマイチ納得いかない。
設定がそのうち破綻する気がすっごいします。。。


3話以降に期待。

映画版は「キャプテンアメリカ」のクリス・エヴァンス主演。




ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

 

マレーシアのネットフリックスでも韓国ドラマが人気

このブログでははっきり書いてませんでしたが、2020年3月からマレーシアで生活しています。
こっちでリクルーターの私語を見つけて引っ越しました。
というわけで、ネットフリックスやSpotifyもマレーシアで契約しなおしてサブスク利用しています。
アマゾンプライムだけは日本のアカウントをそのまま利用できています。
他のサブスクはこっちきて2週間経ったくらいに「マレーシア版に入りなおしてください」って表示されるようになりました。国際的にそういうルールなんでしょう。

ネットフリックスでは視聴ランキングが表示されるようになり、人気コンテンツがわかりやすくなりました。
マレーシアのランキングTOP10は1/3は韓国ドラマが占めています。
というか配信してるコンテンツ数(特にドラマ)が韓国ドラマは多い。
毎週、最新エピソード配信のドラマも多く、ランキング上位に挙がってきやすいのはあると思うけれども。日本ドラマは配信数少ないですね。
その代わり、日本のアニメはそこそこ配信されています。
鬼滅の刃も最近配信開始になりました。

マレーシア(というか世界的?)に人気のネットフックス配信海外ドラマはこちら。

ザ・キング 永遠の君主

大韓民国とパラレルワールド大韓帝国を行き来するファンタジードラマ。
ミステリー要素も強い。


賢い医師生活



愛の不時着




日本のドラマも配信頑張ってほしいところです。
日本と時間差なく最新連ドラを毎週配信してくれたら最高なんだけどなー。


ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


「ザ・キング 永遠の君主」主演のイ・ミンホは歌手デビューもしています。

Amazonプライムビデオ「アップロード/デジタルなあの世へようこそ」の感想(ネタバレあり)~IT好きにはおススメドラマ~

Amazonプライムビデオで2020年5月に配信開始された海外ドラマ「アップロード/UPLOAD~デジタルなあの世へようこそ~」シーズン1が面白くて1日で見終わっちゃいました。
見た感想とおススメポイントを紹介します。

予告編はこちら。


舞台は2033年。
死んでも意識をデジタル世界(VRの世界)にアップロードすることで意識だけは生き続けることができる世界になっています。
でも、アップロードは無料ではなく有料で行い、いける世界のグレードも料金別で決まっているため、格差が生じています。もちろんVR世界でいろんなものを購入するにもお金が必要。

主人公のノラはアップロードされた人たちのサポート係。
VR世界ではきれいな服をきたサポート係ですが現実世界ではコールセンターのような場所で働き、給料も大して高くありません。
もう一人の主役格のネイサンはアプリをつくるSEで交通事故死したため、(実家は貧乏のため)ガールフレンド・イングリッドのお金で高級なVR世界・レイクビューに転送されます。
しかし、自動運転が進む2033年では交通事故死はあり得ない死因で、ネイサンの記憶もところどころ途切れていて、、、陰謀の予感が。。。

みたいな話です。


現代のIT社会も反映していて、評価を5つ星のいずれかで付けるとか、Yelpで飲食店の口コミを見る、デートアプリで相手を探す、など社会風刺している点も面白い。
アメリカの政治に影響を与えるコーク兄弟をモデルにしたんだろうキャラクターも登場します。

ジャンルとしてはコメディドラマですが、テーマは「死んだ人と恋愛することは可能なのか」「そもそも意識だけでも永遠に生き続けたいか」とすごく深いです。
また、ドラマが進むにつれネイサンの死んだ理由も明かされていきますが、シーズン1フィナーレでは中途半端な状態で終了。
巨大企業を巻き込んだ陰謀を感じさせる展開。


SFドラマ、社会風刺ドラマとしても楽しめる作品です。
マトリックス(仮想現実を生きる)×グッドプレイス(死後の世界)みたいなドラマ。


シーズン2製作も決定したよう。




Amazonプライムビデオで配信中。おすすめです。



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Netflix「私の”初めて”日記/Never Have I Ever シーズン1」を見た感想~キャストみんなが魅力的~



ネットフリックスのドラマ「私の”初めて”日記/Never Have I Ever シーズン1」を見終わったので感想書きます。
2日で一気見しちゃうくらい面白かったので、おススメできるドラマです。
<ネタバレあり>


キャストみんなが魅力的に描かれているところが一番好きでした。
主役のインド系女子高生デービーはちょっと自己中心的で周りを振り回す点はよくあるドラマの主人公的ですが、、、
イケメン相手役のパクストンはダウン症を抱えて妹のことを隠したり、完璧そうに見えても悩みを抱えている。
幼馴染で腐れ縁のベンはお金持ちだけど両親は放任主義でいつも家でひとりぼっち。
親友ファビオラはレズビアン、エレノアは母親が女優になる夢を追いかけて出ていった、、、(けど夢あきらめて街に実は戻ってきていた)。
従妹の同居人カマラは親の言いつけを守ってお見合い結婚するか悩んでいる。
デービーのお母さんは一人でどう子育てしていいかわからず、すごく悩んでいる。


人気ドラマがセリフで使われているのも面白かった。
「Riverdale」を見てカマラが親に立ち向かうことを決めるところとか。
病院でイチャイチャするのを「グレイズアナトミーみたい!」と言うところとか笑



ネットフリックスでは、インド系、アジア系主演の映画やドラマが増えてました。
このドラマでは主要キャラがほぼアジア系と黒人なのも革新的。
アグリーベティではベティ、ベティ一家とウィルミナ以外白人キャストがほとんどだったから、時代も変わったなあ。
世界でアジア人の経済に占める存在感も上がってきたことをそんなところからも感じます。
シーズン1はある意味、クリフハンガー的に終わったのでシーズン2更新期待しています。

主演のMaitreyi Ramakrishnanちゃんの公式インスタはこちら




イケメン相手役Darren Barnet氏の公式インスタはこちら。


ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


リバーデイル、若者にめちゃくちゃ人気!



カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード