カルガリーでのお仕事

退職届を提出(resignation letter)

 職場に、「2週間後に辞めようと思います」と告げました。日本だと、「たった2か月で?!はあー?!!」という雇い主もいそうですが、意外にもものすごいすんなりと了承してくれました。カナダだしね、これが普通だよね。
  「あ、resignation letterを書いてね」と言われたんで、英語で書き方を検索して今日、提出しました。

 ネットでコピー&ペーストですが、大体の文面はこんな感じ。

  Dear manegemant team

 I have thoroughly enjoyed working at AAAAA. However, I wanted to let you know that I have secured a full-time position. My last day of work will be AAAAA.

I appreciate the opportunities you have provided me during my time with AAA.

Sincerely, 


  正直、すがすがしい旅立ちというよりかは、ビザの関係で仕方なく・・・という感じなんでモヤモヤしている部分も。仕事内容もすごく好きだったわけじゃないし、どっちかというと言葉の壁を痛感した2か月だったので、職場の人たちはすっごいいい人だったんだけど、英語が得意じゃない分気を遣わせてるのも感じたし、それはあたりまえのことなんだけど、悔しくて歯がゆくて・・・。こんな状態でウィニペグに行って、永住権を取ろうとして大丈夫なんだろうか。

 というか、こんな人生を大きく左右する一大決心をホントに軽く実行しようとしている自分を冷静に見て、「あんた正気?!!」とセルフ突込みしちゃってます。 

 ウィニペグに行くって言ったって住むところも仕事も決まってませんから。行けばなんとかなるだろー!なんとかしよう、と職場の人にいうと単純に驚かれます(笑)

 まあ、すでにカナダで生まれて生活している人はこんな無茶しないでしょうから。

 とにかく、残り少ないカルガリーでの暮らしを楽しみつつ、ウィニペグでの暮らしをスムーズにキックオフできるよう準備を進めていきます。
   

  

人材会社に登録

 人材会社に登録に行ってきました。
 ネットで検索していたら日本語と英語が話せるAdministrative Assistant を募集していたので。しかもエントリーレベルから応募可能だったので、ネットで履歴書を送ったんです。数日後、この求人が人材会社を通しての応募だったので、とりあえず経歴や希望を聞きたいから、スーツでオフィスまで来てほしいと電話が来て行ってきました。もしかしたら、と思ってスーツ日本から持ってきてよかった。

 とりあえずネクタイもジャケットも着て完全スーツで行きましたが、オーストラリアでもカナダでもスーツ着て面接行くの初めてだったから、夏だしもっとカジュアルでいいのかすごい迷いました。

 面接は事務関連の英単語があんまり知らなかったので、とても苦労しました。もっとビジネス英語&英単語を勉強しよう…。途中までは「履歴書のここを直したほうがいい」などすごくいい感じだったんですが、その求人が1年契約を要するもので「10か月しか働けません…」といった時点で、人材会社の人の態度が変わったのを正直感じました(笑)それ言った3分後くらいには面接が終了しましたもん。。。

【ホビートーク】オンライン英会話!楽しく話そう旅行や映画からTOEIC・英検まで!

 
 ああ、こんなとき永住権を持っている人はビザの心配を何もしなくていいんだなーとすごく残念だし悔しかった。
 正直、朝5時・6時から、ときには夜中1時まで働くのは体がしんどい。人が働かない時間に働くからそれなりに給料はいいんだけど、なんとなく憧れていた完全ネイティブ環境で働くことの現実はやはり想像以上に厳しい。

 カナダ人はあんまり働かないというけど、それでも人が働かない時間に働いている人はたくさん存在します。まあ、ただし彼らはちゃんとお給料もらってますが。時間外労働はほぼしないのは日本とはやっぱり違うかなー。


  

英語を教わる、日本語教える

 働きはじめて1か月経って、ほんとに少しずつですが馴染めてきた気がします。
 まだまだ話すときは緊張するし、うまく説明できないときもありますが、話して発音が悪くて伝わらなかったら正しい発音を教えてくれるので、とてもありがたい。

 昨日は、「Sumo Wrestler」 と言いたかったんですが、どうやらカナダ人には「Sumo Restaulant」に聞こえるらしく伝わるまですっごい時間がかかりました(笑)
 「Wre」の正しい発音って難しい。教わったものの正しく発音できる自信がありません。

 対して、カナダ人の同僚も日本語での「元気?」「元気!」「さよならー」といった簡単なあいさつを聞いてきてくれるので、ものすごく会話が弾みやすい。
 挨拶だったら次に会った時も、ときに日本語で、ときに英語で挨拶をかわせますから、挨拶ってとっても便利!

 あとは、現地人しか使わない日本じゃ絶対に聞いたこともないようなスラングも教えてくれます。こういうのは絶対にネイティブでその地に長く生きている人しかわかんないよね。こういう生の英語が学べるってホントありがたい!


 失敗をおそれず、 もっと会話をしようと思います。
 ちなみに、こういった会話、休み時間じゃなくてぜんぶ仕事中にしてるんですよね。マネージャーも「もっと話さなきゃ!」って言ってくれますし、働く文化の違いを感じます(笑) 

3回出勤しました。

 今日で3回目の出勤でした。
 あんまり売り場にはまだ出ないんですが、たまにうろちょろしていたらお客さんに商品の場所やらを聞かれたりするんで、四苦八苦しています。はやく商品の場所を覚えたい。
 今はほとんどバックで在庫チェックをしてるんですが、売り場に出ているスタッフがフツーにインカムで「この商品の在庫ある?」って聞いてくるんですね。まあ、靴とか下着ならわかりやすいからいいんですよ。でも、ジーンズなんかは種類がたくさんありすぎて意味わかりません。しかも、ユニクロみたいに商品名がタグに書いてないのが多い。だから、スタッフがイメージで伝えてくることもあるんでホント意味不明。。。(笑)
 もちろんインカム越しの英語を聞き取るのも大変。
 商品知識がついてきたら、どんどん楽になってくるのかな。
 もっと楽しくなってくるのかな。


 日本でユニクロでバイトしてたこともあるんで違いを比べるのも楽しいです。

 何より雰囲気がギスギスしてないところが何よりいい!!
 ユニクロって正直軍隊みたいに規律で統制している部分がすっごい大きいんですが、もっとこっちはゆったりしたペースで働いてますね。挨拶もユニクロはほぼ強制で形式ばった感じですが、こっちは自然に「Thank You
」「NO plobrem」「Good job」や笑顔も出る感じです。

 やっぱりジャパレスに比べるとネイティブな英語が常に耳に入ってくるのは、とても贅沢だなと思います。

 雇ってくれたマネージャーを落胆させないよう、もっと頑張ろうと思います。
 

 
 

仕事初日!

 今日はGAPでの初出勤でした。もちろんスタッフはネイティブイングリッシュスピーカーたちで「こんな場所で働いていいんだろうか?」とちょっと不安。

 指示は理解できましたが、それに対する返しが貧弱なのが悩みです。いつも「OK」で返すのもアレだし。かといって慌てていろいろ話すとなかなか上手く相手に伝わらないっていう(笑)
 日本でユニクロではたらいていたときも一緒ですが、まずは商品の名前と陳列の位置を覚えるのが第一!!今日は初日!全然わかんない!!ジーンズもたくさん種類あって頭が混乱です。

 とにかく今日は英語の洪水を浴びて、疲れました…。ここは英会話学校ではないので、いちいち意味を聞き返すのも「全然使えない!!」と思われそうで嫌。 

 いろいろネガティブなことを書き綴りましたが、ネイティブに囲まれた環境で働けるってことに まずは感謝!チャンスをくれたマネージャーありがとう!!

 今日聞いた聞き慣れない単語をとりあえず家帰って復習します。 
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード