数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

貯金

投資の状況、2017年6月25日時点。〜ダイフク株が儲けの主力〜

プチ株
30,768円(大和ハウス)
26,760円(ダイフク)
80,520円(セブン銀行)
36,860円(ファーストリテイリング)


179,580円


投資信託
15,523円(SMTグローバル株式インデックスオープン)
22,732円(日本債券インデックスe)


38,255円


運用してない額
9,511円


総計:227,354円
元手:210,000円
(8%増加)


感動パンツ、白は透けて見える。〜それでもファーストリテイリング株購入〜

昨年購入したユニクロのドライストレッチパンツが、薄くて軽くてストレッチ効いてて着心地最高だったので、もう1着買おうかなーと思い、迎えた2017年春。

 なんと名前が感動パンツに変更になってました。

 確かに高音多湿の日本では、この通気性抜群で長時間着ても熱がこもらないドライストレッチパンツは感動そのものという気持ちはすごく、わかります。

 で、買いに行った訳ですが、、、
白は透け感が強すぎる。。。ポケットの裏地は100%透けてますし、その時点で、履きすぎて摩り切れて透けてるよ、と突っ込まれる確率100%。。。

 ホントは白が欲しかったけど、カーキ色を買って帰りました。



  白はアレですが、他の色は問題ないです。
  今年の夏はクールビズにも利用してる人は多いんじゃないでしょうか。


  ユニクロは、最近は機能性を備えた衣類に活路を見出してる気がします。
  ファッション性じゃZaraやH&Mには勝てないし正しい選択だと思う。

  海外でも機能性備えたファストファッションの企業はない気がするし、そこを全面に押し出して海外展開進めたらいいんじゃなかろうか。


  というわけでカブドットコム証券でプチ株一株購入しました。

  日経平均が2万円超えた今、割高かもしれませんが、ファーストリテイリングの、さらなる成長に期待しています。
1万円からコツコツと。マネックスの投資信託積み立てプラン

伊藤亮太FP講師、プレサンス主催不動産投資セミナー行きました!

不動産投資セミナーに行ってきました。
無料セミナーなんで、あんまり期待してなかったんですが、すごく勉強になりました。

まず、不動産投資に節税効果があることを初めて知りました。経費として、減価償却分と金利分、その他経費を計上する裏ワザがあるらしいです。

あと、オススメはワンルームマンションらしい。
なぜなら初めての人はいきなり大きいものからはじめず小さいものを小さい投資から初めて失敗しても傷が浅くて済むから。


とはいっても、物件に借り手がつくこと前提なので、借り手なかったら赤字垂れ流しですね。

そう。
借り手着くこと前提なんです。


なんにせよ投資ってリスクある。
貯金がリスクないですね、あんまり増えもしないけど。

オリックス銀行の二週間定期やった感想

オリックス銀行の二週間定期を3月から初めています。ちょっとずつ預入額を増やして今は150万円を定期に入れています。
で、今日の時点で利息で100円ちょっと増えていました。

今日時点の利息は0.1%です。
ここから税が引かれて100万円ごとに31円、隔週で利息が入ります。

正直、預け入れ期間の長い2-5年定期にすると利息も上がるんですが、急に必要になった際に困るんじゃないかというリスクと二週間ごとにささやかながら資産が増えていくという喜びのために、あえて二週間定期にしています。

30歳越えて独身だと正直口座に眠っているまとまったお金も増えてきました。
これまではなんとなく普通預金に入れていたんですが、それももったいないなーと初めてオリックス銀行定期預金。


実店舗を持たず、普段の生活用にはまったく使えない銀行ですが、その分利息は高く設定されています。

株や投資信託、FXのようにリスクは背負いたくないけど、微弱ながらも資産を増やしていきたい人にはオススメです。

iDeCo 確定拠出年金を始めました①ー投資信託のチョイス―

 iDeCoを始めました。
 2017年1月から法律が変わり、 働く世代のほぼ全員の人が入れるようになった確定拠出年金。
 法律が変わってことは「国は将来的に面倒みれないから自分でなんとか老後の資金は工面しろよ」ってことでしょうか。

 加入期間によりますが受け取り期間は60歳から。
 基本的にはそれまで下せない仕組み。
 本当に老後資金のためのものですね。
 逆にここでちゃーんと考えて運用資金・運用方法考えたら残ったお金は日々の暮らしのためだけに使うことができますね。

 とにかく、この制度の魅力は掛け金が所得から引かれ、所得税がいくらか戻ってくることじゃないでしょうか。
 運用方法は選べて、定期預金を選ぶこともできます。ただ、金利は新生銀行・オリックス銀行の2週間定期以下で、元本保証運用だと所得税の一部還付だけで運用で増えていくことは期待できません。

 僕は三菱UFJ信託銀行を利用してる(会社が決めている銀行)んですが、投資信託商品も20本足らずと選べる範囲も限定されています。
 その中から適切なものを選ぶのは投資信託の知識がまったくといっていいほどない自分には、かなりハードル高いです・・・・。

 習うより慣れろで、半年ごとに運用実績をチェックして的確なものに見直していくのが一番いいのかな、と思っています。 

 今後、どのように運用資金が推移していくかモニタリングしていこうと思います。
   まずは本を読んで基礎知識を学ぶのが得策かな。

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード