数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

ミュージカル

実写映画「キャッツ/CATS」を見た感想(ネタばれあり)

アンドリューロイドウェイバーが手掛けるミュージカルの実写版映画「キャッツ」を見てきました。

キャッツ実写映画


全米では公開されたものの、「グロテスクなデザインと慌ただしい編集で、不気味の谷へと転落していく。ほとんどホラー」(Los Angeles Times)、「すべての関係者にとって最も低レベルのキャリアになってしまった」(The Guardian)と大酷評を浴びた作品。

実際見た感想をネタバレありで書くと、
「一流の演者と監督でお金をかけて作っているのはすごく伝わるし、歌もダンスも一流なのは見ててわかるけれども、観客がほぼ感情移入できない映画」でした。

人の顔だけ猫の姿が生理的に受け付けない人、全身タイツ姿が受け付けない人も一定数いるようですが自分は違和感なくそこは受け入れられました。

つまらなかった理由を自分なりに考えたんですが
、ストーリーがない!!!!
これに尽きると思います。

まず、主人公(であってるのか?)のヴィクトリアが飼い主に捨てられたところから話は始まるんですが、そこから説明皆無で映画が進みます。
突然踊りだして、”新しい人生を生きることが許される”舞踏会の参加がどーのこーのという展開がいきなりスタート。舞踏会の参加者をだらだらを歌って踊って紹介して1時間が経過。
気づいたら舞踏会始まっていて、最後ジェニファーハドソンが優勝。

驚愕のプレエンディングでは、優勝したジェニファーハドソンが気球のようなものに乗って空に飛んでいきました。。。
彼女、映画の中では過去にスターだったがおちぶれて貧乏暮らし&嫌われている設定なので、なんだか舞踏会の優勝を理由に組織を追い出されたようにしか見えなかった。。。。
どこ行ったの、ジェニファーハドソン猫。。。。
あと、シャーって消える魔法なんだったんだろう。


最後はイギリスの大御所女優・ジュディデンチ猫が「猫はきまぐれ」「犬とは違うだよ!」という謎の歌を歌ってフィナーレ。

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

突っ込みどころ満載の観客を置いてけぼりで猫の恰好した人たちが盛り上がる辛い2時間でした。


とはいっても途中に数か所心躍るシーン、ジーンとくるシーンはあるんですよ、賞味20分くらい。
それは下の4つです。
ジェニファーハドソンが哀愁たっぷりに歌う「Memory」
イマンマッケランが貫録たっぷりに歌う「Guns:The Theatre Cats」
レベルウィンソンの「The Old Gumbie Cat」(ゴキブリ描写はだいぶ気持ち悪かったけど)
ジェームスコーデンの「Bustopher Jones : The Cat About Town」


ストーリーもだらだらとよくわからない舞踏会ネタで引っ張るよりかは、捨て猫の孤独に振り切るか、逆に自由気ままな猫を描いたコメディに振り切ったほうが面白く作れたような気はします。


ミュージカル版のDVDはこちらです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャッツ【Blu-ray】 [ “サー"ジョン・ミルズ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/1/24時点)






グレイテスト・ショーマンを見た感想〜中身は薄い〜

 ヒュージャックマン主演のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」を観ました。


 楽曲はどれもポップで耳に残る楽しい映画でした。ストーリーは深みが出そうと思ったら出せるネタのオンパレードなのにどれもサラーっと流して丸く収まっていて、うーん。。。という中身がありそうでないような内容。。。

 とはいっても歌もダンスも華やかで演出もキレイでいい映画を見た気にさせてくれる映画です。
それにしてもヒュージャックマンは背も高くて顔も良くてスクリーン映えしますね。最後、ザックエフロンと似たような衣装着て横に並ぶシーンあるんですが、2人のスタイルの差があからさますぎて、なんかザックエフロンの意外と小柄・鍛えすぎなところが目立ってました。

 面白かったです。
 歌のシーンだけyoutubeで繰り返し見る映画に今後数年なりそう。

4 stars 2017@梅田芸術劇場 観てきました!〜シンシア・エリヴォに感動〜

ミュージカル界の大スター集結のすごい企画「4 stars」を観に行きました。
土曜の回だけ行く予定でしたが、あまりに感動しすぎて素晴らしすぎて、日曜も当日券を購入して観てきました。

ラミン・カリムルーを一番のお目当で行ったところ、城田優もシエラ・ボーゲス(ミュージカル版リトルマーメイドのアリエル役)のソプラノボイスや何よりシンシア・エリヴォのタマシイに語りかける力強い歌声がすごくすごーく心にずしんと響きました。

もう全部音源化してほしいくらいですが、ここでしか二度と聴けないコラボレーションばっかりなんだろうなー。二回で25000円払ったけど、あと一回は行きたいくらい一生忘れない思い出ができました。

4人それぞれでよかった曲は、

ラミンカリムルーのANTHEM、Music of the night。
城田優は、スパイダーガールの歌(タイトルわからん)。

シエラボーゲスは、NINEからUnusual way(切なくてラミンとの絡みも胸が締め付けられた)。
シンシアエリヴォはカラーパーブル、Don't cry for me Argentina、何よりI'm here. 涙出ました。

アンコールはシンシア独断場のようでした!
三人のコーラスもノリノリで可愛かった。

土曜はクリスマス特別アンコールソングと一人ずつメッセージがありました。
日曜は特にありませんでした。


今年最後にいい思い出ができました。
一生忘れません。

シンシアエリヴォ。これからどんどん大物になってくんだろうなー。

I'm Hereの絶唱、すごかった。


カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード