アマゾンプライム

Amazonプライムビデオ「アップロード/デジタルなあの世へようこそ」の感想(ネタバレあり)~IT好きにはおススメドラマ~

Amazonプライムビデオで2020年5月に配信開始された海外ドラマ「アップロード/UPLOAD~デジタルなあの世へようこそ~」シーズン1が面白くて1日で見終わっちゃいました。
見た感想とおススメポイントを紹介します。

予告編はこちら。


舞台は2033年。
死んでも意識をデジタル世界(VRの世界)にアップロードすることで意識だけは生き続けることができる世界になっています。
でも、アップロードは無料ではなく有料で行い、いける世界のグレードも料金別で決まっているため、格差が生じています。もちろんVR世界でいろんなものを購入するにもお金が必要。

主人公のノラはアップロードされた人たちのサポート係。
VR世界ではきれいな服をきたサポート係ですが現実世界ではコールセンターのような場所で働き、給料も大して高くありません。
もう一人の主役格のネイサンはアプリをつくるSEで交通事故死したため、(実家は貧乏のため)ガールフレンド・イングリッドのお金で高級なVR世界・レイクビューに転送されます。
しかし、自動運転が進む2033年では交通事故死はあり得ない死因で、ネイサンの記憶もところどころ途切れていて、、、陰謀の予感が。。。

みたいな話です。


現代のIT社会も反映していて、評価を5つ星のいずれかで付けるとか、Yelpで飲食店の口コミを見る、デートアプリで相手を探す、など社会風刺している点も面白い。
アメリカの政治に影響を与えるコーク兄弟をモデルにしたんだろうキャラクターも登場します。

ジャンルとしてはコメディドラマですが、テーマは「死んだ人と恋愛することは可能なのか」「そもそも意識だけでも永遠に生き続けたいか」とすごく深いです。
また、ドラマが進むにつれネイサンの死んだ理由も明かされていきますが、シーズン1フィナーレでは中途半端な状態で終了。
巨大企業を巻き込んだ陰謀を感じさせる展開。


SFドラマ、社会風刺ドラマとしても楽しめる作品です。
マトリックス(仮想現実を生きる)×グッドプレイス(死後の世界)みたいなドラマ。


シーズン2製作も決定したよう。




Amazonプライムビデオで配信中。おすすめです。



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Netflix「ハリウッド/Hollywood」(ライアン・マーフィー製作)を見た感想~ハッピーエンディング!~

ネットフリックスで2020年5月1日から配信開始されたライアン・マーフィーとイアン・ブレナン製作ドラマ「ハリウッド/Hollywood」を見た感想(ネタバレあり)です。
同じくライアン・マーフィー製作のネットフリックスドラマ「ポリティシャン」は1話で脱落しましたが、ハリウッドは2日で最後まで見ちゃいました。
ミニシリーズだから続編はないのかな。




主演はポリティシャンにも出演しているDavid Corenswet。
gleeやアメリカン・ホラー・ストーリーに出ているDarren Crissも映画監督役で出演しています。
この2人はライアン・マーフィーのお気に入り俳優なんだろう。



あらすじは第二次世界大戦後のハリウッドで成功を夢見る若者たちの話。
いきなりエンディングのネタバレになっちゃいますが、「ワンスアポンアタイム インハリウッド」にも見られたように過去をハッピーエンディングに書き換える手法はここ最近の流行りなのかな。

本作品も気持ちいいくらいハッピーエンディング。
黒人女性を主役にした映画が製作され、アカデミー賞まで取っちゃう。
そして最後がゲイを主役にした映画も製作。


映画は夢の世界。
現実はコロナウィルスや政治問題、経済問題、日々の暮らしと目をそむけたくなることも多い。
だから、映画の世界くらい思いっきりハッピーエンドでいいじゃないか!
そんな動きを感じます。

これから過去改変ハッピーエンディング映画増えるんじゃないかな。





ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



アマゾンプライムビデオ「オレンジデイズ」を見た感想

アマゾンプライムビデオにTBS日曜劇場で放送された妻夫木聡主演の青春ドラマ「オレンジデイズ」があったので第一話だけ見ようと思ったら3日で一気に全話見ちゃいました。



気づけばオレンジデイズが放送されたの2004年なんですね。
もう16年経つなんて信じられない。。。
ドラマではもちろんスマホは出てこなくて、オレンジレンジの上海ハニーやケミストリー、浜崎あゆみがセリフで出てきたりするので、そういったところでは時代を感じました。

でもファッションに古臭さを感じないのは今の大学生と感覚が違うのか自分の時が止まっているのか、実際当時とファッショントレンドはあまり変わっていないのかは、よくわかりません。。。

大学4年生の妻夫木聡が就職活動や進路、大学生活最後の青春を柴咲コウ、瑛太、成宮寛貴、白石美帆と楽しむ様子はキラキラしてて眩しかった。
最終回は柴咲コウの結婚がいきなり決まっていて駆け足で最終回まで持ち込んだ感半端なかったですが、最後は妻夫木聡とハッピーエンディングで、登場人物もそれぞれ自分の道を見つけて、2020年に見返しても甘酸っぱい気持ちにさせてくれる神ドラマでした。


ちょうど自分が大学生だった当時に放送していたので、すごく印象に残っているドラマ。
そういえば第8話にチョイ役で田中圭が出演していました。


最近こういった大学生活を舞台にした連続ドラマって聞かない気がする。
それとも知らないだけでネットドラマやAbemaTVで放送されてたりするんだろうか。

あすなろ白書、オレンジデイズの系譜につながる大学生活を舞台にした青春ドラマ、2020年代でも見てみたいと思う今日この頃です。

オレンジデイズ、2020年2月24日現在だとアマゾンプライムビデオとHulu、U-NEXTで配信中です。





アマゾンプライムビデオ「シリコンバレー」シーズン1を見た感想

IT業界を舞台にしたビジネスドラマにはまり、「ホルトアンドキャッチファイア」に続き、「シリコンバレー」を見ました。
感想としては、コメディドラマとして大変面白い。
1エピソード30分でシーズン1は8エピソードだけなので、気づいたら全部見終わってました。




あらすじは自分でも気づかずファイルの超圧縮技術を開発していたリチャードが投資家からの出資を受けて、会社を起こすお話です。
会社メンバーのみんながある意味ボケ役なので、コメディとしてかなり笑える。
スタートアップドラマとしては、メンバーを集めていくドラクエ的要素はほぼないので、「ホルトアンドキャッチファイア」のほうが冒険を進めていくような面白さはある気がします。

どちらのドラマもプレゼンがうまいけど技術に弱いスティーブジョブズタイプのキャラと技術はあるけどビジネスセンスはあまりないウォズニアックタイプがいるので、このスタイルはIT業界スタートアップドラマのある種、テンプレになっていますね。


シーズン1は圧縮技術を持っていること以外会社の方向性がはっきりしていない段階。
シーズン2からどういった展開になるのか楽しみ。

シーズン6でシーズンフィナーレを迎えたようでアマゾンプライムで2020年2月20日現在、全シリーズ配信中です。




アマゾンプライムビデオ「アウトブレイク」を見た感想ーコロナウィルス問題と通じるところがあるー

新型コロナウィルスが世間を騒がせている昨今、ウィルス感染ものの映画「アウトブレイク」がアマゾンプライムビデオにあったので鑑賞しました。


アウトブレイク (字幕版)

率直な感想は、
前半は未知の感染力・致死率が高いウィルスが蔓延する恐怖をリアルに描いた作品、後半はヘリコプターチェースあるハリウッド大作映画に様変わり(後半から急に現実感が薄れ、映画的演出に舵を切りだす作品)という映画でした。
薬もワクチンもないウィルスの恐怖を描いた作品として、このタイミングで見ると前半は現実感があり寒気がしました。
後半は、、、、映画だな、という感想です笑


出演者もポスターやDVDパッケージ掲載の3人のみならず、ケビン・スペイシー(ダスティン・ホフマンの同僚役、最初はいじわるそうな感じだけどすごくいい人)とグレイズアナトミーで有名なパトリック・デンプシー(彼が原因でウィルスがアメリカに拡がります。やっていること最低。クズ役)という有名俳優も出演していて、そのあたりも見どころ。



未知のウィルスが感染源である動物に引っ掻かれたことや映画館で一気に拡がっていく様子、町全体を閉鎖する様子は現在の武漢と通じるところがあり、より現実感があり寒気がしました。
そして政治的な動き、自分の利益のために動く政府の人間もいて、対応が後手に回る様子も今と通じる。。。

後半は、ダスティン・ホフマン大活躍のヒーロー映画に様変わりしちゃいましたが、
今だからこそ見るべき作品だと思います。



カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード