日本ではシーズン3の放送が始まった「HOMELAND シーズン1」をやっと見終わりました。

 ネタバレありの感想です!

 



見始めると毎回次回が気になる終わり方をするので早いんですが、内容が重いのであまりすすんでみる気にはなれなかったこのドラマ。昨日やっと見終わりました。

 ラスト2回は壮絶でした!特に11話。キャリーが急に爆弾テロをきっかけに躁状態になり、これまでまったくみせなかったハイテンションで推理をまくし立てるのでソールのみならず視聴者もビックリしました(自分も含め)。

 アメリカ政府が「善」じゃなく、副大統領の命令でやっちゃいけないことをやっていて、ルイスがこのことを大きなきっかけにアルカイダ側のスパイになったことも明らかになりました。

 それにしても最終回!
 これまでずっと緊張感のある隙のないドラマ展開だったのに、爆弾がまさかの作動しない!!っていう展開にはズッコケそうになりました。こんな土壇場まできて、そんな間抜けなミスを犯すもんなのか?
 あそこは爆弾が作動するか、キャリーかソールがギリギリで止めに入るかにしたほうが全体として話が締まった気がします。


 ルイスがスパイだと視聴者には判明しましたが、まだキャリーは限りなく確信に近いもののまだ疑っている段階。
 アブ・ナジールはビン・ラディンとの比でいいんですよね?なら、彼確保までストーリーは進める予定なのかな。

 さっそく、シーズン2の鑑賞をはじめよーかな。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
ランキング参加中!みなさまからの応援クリックが励みです。