数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

├デスパレートな妻たち シーズン8

デスパレートな妻たち シーズン8×22話&23話~ネタバレあらすじ&感想~

 ほったらかしているうちに第22話の放送が終わってしまいました・・・。というわけで、グランドフィナーレ23話とまとめてお届けします。

 ここからはネタバレです。
$山羊男日記   


 第22話では、ガブリエルが真実を打ち明けるんじゃないか、というギリギリまで行きましたが、ウルトラCでギャビーとカルロスの話を盗み聞きし真実を知ったマクラスキーさんが罪をかぶり、しかも彼女は末期がんでお年寄りなんで無罪放免となり(?!)、一件落着。
 トムとリネットもお互い誤解が解けてヨリを戻したのでした。

 そして23話。
 今回はサービス回。これまでの振り返りも兼ねたお楽しみエピソードのような色合いが強ったですね。

デスパレートな妻たち、グレイズアナトミーが月額980円で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!


 メインとなるのはレネの結婚式。
 リネットはNYでのCEOとしての仕事のオファーを受け、トムと揉めましたが結局2人でNYへの移住を決意。ブリーもマクラスキーさんの計らいもあってあの弁護士さんとヨリを戻しました。ギャビーも昇進の話をもらい、カルロスとはいつも通り喧嘩試しあいながらも似たもの夫婦ってことで上手くやっているようです。
 そして、スーザンとジュリーは結婚式へ向かう道中、ジュリーが破水し、そのまま病院へ向かうことに。そのまま出産となりました。そこにトムとリネットも駆けつけて、幸せのひと時。

 スーザンの引っ越す前日、最後に4人でポーカー。
 スーザンがひっこした後、結局他の3人も引っ越していくことになるんですけどね。

 このあと、各々の未来もちょっとずつ描かれました。

 そして、スーザンが家を出るときに次の住人と遭遇。「都会から離れたところで退屈そう」と心配する彼女に「この通りで退屈なんてしないわよ!」と声をかけるスーザン。
 出発するスーザンは、これまでウィステリア通りで暮らし去って行った人々の亡霊を見たような気がしたのでした。

 またまた新しい住人も秘密を抱えているようで…。
 と、続編ありそうなにおいを漂わせてシーズンフィナーレでした。



 というわけでシーズン8も無事終了。
 こんだけタイプの違う4人が仲良くやってこれたのも不思議っちゃ不思議ですが、それにしてもたくさんの人が出ては死んでいったんだなー...とウィステリア通りの恐ろしさを感じたフィナーレでした(笑)


 

デスパレートな妻たち シーズン8×20話~ネタバレあらすじ&感想~

 残すところあと4話!追い込まれるブリー。日々の暮らしに忙しい他3人。いいのかこれで?もうちょっと4人みんなが追い詰められるのかと思ったら、ブリー以外はそうでもなく友情も回復して、終盤に向けて盛り上がるというか、いつも通りのデスパレートな妻たちです。

 それでは、ここからネタバレです。
$山羊男日記   

 リネットはトムを取り戻そうと思い、策を練ります。仕事の予定をコントロールしてジェーンと会えなくさせてやろう!そう思いトムの上司とデートを始めます。というわけで、トムがジェーンと旅行に行く予定だったはずの週末は毎回仕事に。。。悪いとは思いつつも、トムの上司とデートを続けるリネット。しまいには上司はトムをムンバイに転勤させて二度とジェーンと会えなくさせてやろうと言い出すのでした。

 ブリーは裁判で「いろんな男を寝ていたからアレハンドロと寝ていたんでしょ!」と問い詰められ、何も聞いてなかった弁護士はびっくり。ブリーにすべてを打ち明けるように伝えます。なかなか打ち明けようとしないブリーに弁護士は自分の性的体験を告白することで、ブリーが話しやすい状況をつくってあげるのでした。そんな彼をブリーは好きになったよう。

 スーザンはMJは隠していましたが、父親と息子の集まり(父の日みたいなもの?)が学校で開かれることを知り、自分も参加しようとしますが、MJから「片親の子ってみられてみんなからジロジロ見られるのが嫌だから来ないでほしい」と言われます。ひとりで父親の代わりをしようとしていたスーザンですが、トムなど近所の人にもたまには助けを求めることにしたんでした。


 ガブリエルは上客を見つけ、さらに気に入ってもらおうと家にディナーに誘いますが、カルロスは気に食わんかったらしく「チャリティーにお金を回した方がいい」とうまく丸め込み、ガブリエルの客を奪います。そんな彼に、「あなたは鮫のように権力をふりかざしているのが似合う。今回の私から客を奪ったのもあなたがシャークだって証拠。そんなあなたは嫌いじゃない」と言います。ガブリエルの言葉にはっとするカルロス。「違う人間になろうとしていたのにー!」

 スマホやTV、PCで、いつでもデスパレートな妻たちを見れる!今すぐ2週間無料視聴!

デスパレートな妻たち シーズン7 COMPLETE BOX [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-02-20)
売り上げランキング: 9,837

デスパレートな妻たち シーズン8×19話~ネタバレあらすじ&感想~

 いよいよシーズン8も佳境です!
 山羊男日記のfacebookページをはじめました。ブログの更新情報や気になった情報もこまめに更新していこうと思っています。ぜひすぐ下のリンクからのfacebookページに飛んで、「いいね!」を押してくれるとうれしいです。ぜひよろしくお願いします!
ここから「山羊男日記」facebookページにリンクしています!ぜひ「いいね!」クリックお願いします!

 山羊男日記   

 では、ここからはネタバレ。

 ブリーの家でレネのブライダルシャワーが開かれます。ブリーが招待状に「プレゼントはキッチン用品で」と書いたので、もちろんプレゼントはすべてキッチン用品。レネは違うものを想像していたのでちょっとがっかりしています。ガブリエルは気を利かして警官の格好をした男性ストリッパーを手配していたのですが、そこに本物の警官登場。ブリーはアレハンドロ殺害容疑で連行されてしまいます。
 びっくりする一同。

 トムはなかなかリネットに離婚届を渡せないでいます。これに業を煮やした彼女が自分で直接リネットに離婚届を届けます。これにトムはキレて、「リネットは子供たちの母親。簡単に離婚届を渡せるほど簡単な問題じゃない。君から渡される言われはない」と彼女にいいなんだか険悪な雰囲気。

 ガブリエルは、ショッピングアドバイザーとして働き始めますがなかなか自分のお客さんを捕まえられます。そこで結婚指輪をはずして、男性客に狙いを定めます。それが気に食わないカルロス...。ある日、2人で食事に出かけますがそこでガブリエルのお客さんと遭遇。ギャビーは「彼は弟」といってその場を取り繕います。これにキレたカルロス。ギャビーが色目を使うことにキレたのかと思ったら、それだけじゃなくて今やガブリエルが自分よりお金を稼ぐようになり、主導権をほとんど彼女が握っていることの方が気に食わなかったのです。男のプライドでしょうか…。


 スーザンはマイクの遺品を整理していると、8年前から続く謎の送金記録を発見。同時に子供が書いたような絵も見つけたので隠し子ではないかと疑います。しかし、それはマイクが障害を抱えた姉に送金を続けていたのでした。その絵も姉が書いたもの。マイクの母親は障害をもつ子供をもったことを受け入れられず、ずっとマイクに隠していたのですが、8年前にやっと彼に打ち明けたらしく、それから送金を続けていたのでした。
 ジュリーは自分が赤ちゃんを養子に出そうとしている境遇と重なったらしく、「わが子を疎ましく思うのはやっぱりよくない。一生自分を恥じることになる」と思い、自分で育てることを決意するのでした。


 そして、追い詰められるブリー。弁護士を雇い、なんとか切り抜けようとしますが警察は彼女をなんとしてでも逮捕すると意気込んでいます。


 次週へ続く。

スマホやTV、PCで、いつでもデスパレートな妻たちが見れる!今すぐ2週間無料視聴!

 やっぱり、追い詰められるのはブリーなんですね。これに対してほかの3人は同罪なのにほぼそこまで関心を見せないのがすごい。もっと慌ててもよさそうなのに(笑)

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
ランキング参加中!応援クリックが励みです


デスパレートな妻たち シーズン8×18話~ネタバレあらすじ&感想~

デスパレートな妻たちもじわじわとブリーが追い詰められており佳境に突入してきました。それにしてもなんでブリー?本来なら主犯者のガブリエルとカルロスが追い詰められてもいいですよねー。ちょっとギャビーは呑気すぎる気が(笑)早速ネタバレいきましょう!

 ここからはネタバレです。

山羊男日記   

 レネはベンがなかなかプロポーズをしてくれないことにイライラ。我慢できなくて自分から「さっさとプロポーズしなさいよ!」とけしかけます。プロポーズの最中、また邪魔が。そこにはなんと警察が。ベンが建設中の土地から死体が発見されたので確認してほしくて来たのでした。
 ベンはもちろんブリーから真実を聞いていますから、彼女たちを守るためシラを切ります。

 翌日、レネとベンはブリーの元へ。レネが「プロポーズの最中に警察が来たのよー!」となんとなく言ったところ、取り乱すブリー。「大丈夫だから」というベンですが、結婚の話題そっちのけで死体の話ばかりするブリーとベンにレネはちょっと機嫌悪そう。

 そんなブリーの元へ息子のアンドリューがなんとフィアンセ(女性)を連れて戻ってきます。失業し借金もある彼はお金持ちでちょっと変わったフィアンセと結婚して金銭問題をすべて解決しようとしていたのです。そんなアンドリューにブリーは婚約祝いと称して彼のゲイ友達のみを招待したパーティーを開きます。しかし実はもともとフィアンセは彼がゲイだと気づいていて、それでも自分を相手にしてくれるアンドリューと結婚しようとしていたのでした。彼女を「もっと自信をもっていいのよ」と励ますブリー。
 結局、婚約はなくなり、アンドリューはしばらく実家に居候することになったのでした。


 ガブリエルは、カルロスにカウンセラーになることを許可したものの、やっぱり生活レベルは落としたくないので自分も働きに出ることに。キャリアコンサルタントのもとに相談に行くも、ろくな学歴もなくモデル経験しかない彼女には職を紹介できないと冷たくあしらわれます。
 うさばらしにショッピングへ。店員一同、彼女のショッピングスキルには舌を巻きます。むしろ感動の域。
 しかし、カルロスから「もう昔とは違うんだからすべて返品しろ」と言われ、デパートへ。そこで、なんと彼女は「ショッピングカウンセラー(?)」のような仕事をオファーされるのでした。

公式【資生堂】dプログラムの限定お試しセットが1050円~!送料無料


 リネットはトムを取り戻そうと、2人だけのディナーをセッティング。停電したという嘘をついて部屋中をキャンドルまみれにしてロマンティックな雰囲気にして、幸せだったころの話をしてすごくいい感じに。が、トムの服に火が引火して慌てて火を消して、電気を付けた時点でわざとセッティングしたことがバレちゃいました。一転して険悪な雰囲気。リネットのトムを取り戻す作戦ははたして成功するのでしょうか。


 スーザンはマイクが亡くなってから無気力状態。息子のMJも荒れています。夜中までゲームは止めない、朝からアイスを食べる、ジュリーが注意しても全く聞きません。そんなMJをスーザンは「父親が死んだんだからこうなって当然」とさせたい放題。終いにはMJは学校の先生に暴力を振るうまでに。学校に呼び出されたスーザンは「MJは父親を失ったのよ!もっとあなたも彼の気持ちを理解してあげて!」と逆キレし、スーザンも教師にけがを負わせちゃいました。
 そして、家に帰り、MJと「気持ちを他のことでぶつけてても何の解決にもならない。正直に吐き出さなくちゃ。」と2人で泣き崩れるのでした。


 ブリーはベンに「シラを切り通してくれてありがとう」と電話します。しかし、その電話は警察に盗聴されていたのでした。
 どんどん追い詰められるブリー!!

 次回に続く…。



 

 

デスパレートな妻たち シーズン8×17話~ネタバレあらすじ&感想~

今週は、先週の衝撃的な主要人物の死をきっかけに各主婦たちがいろいろと学んだようなエピソードでした。
 山羊男日記   

 それでは、ネタバレスタートです。

 銃声を聞きつけて、ガブリエルら3人は外に飛び出します。そこには、銃に打たれたマイクと呆然とするスーザンが。やはり、そのままマイクは帰らぬ人となったのでした。
 
 そして、マイクの葬式。4人はマイクとの思い出を振り返ります。
 なぜかブリーの元に警察が。なんとオーソンが送った証拠書類が警察に届き、ブリーを重要参考人として連行していくのでした。 

 まず、ガブリエルがマイクとの思い出を振り返ります。
 そういえばリハビリ施設にマイクが来ていたと思い出すギャビー。彼は同じリハビリ経験者としてカルロスの相談にいろいろと乗っていた。マイクは最後まで誰かの助けになろうとして、身を犠牲にしたのだから、そういうマイクを見てカルロスもカウンセラーになりたいと思ったのだろう。
 ガブリエルはカルロスを応援することにしたのでしt。

 次に、リネット。
 トムとの出会いから振り返り、自分はこの頃から自分の意見を強く主張するタイプだったなーと思いだし、そういえばトムが家から出ていく際、マイクはトムを手伝っていた。
 そこで、リネットに「2人が別れるべきじゃないということはこの通りの人はみんな思っている。どちらかが歩み寄ることが大切だよ」と声をかけたリネット。
 リネットもマイクの死をきっかけに何かを決意したみたい。

 ブリーは警察にいます。
 ブリーは最初のダンナから「君はいつも微笑をしていて感情が読めない」と言われたことを思い出します。この微笑は母親から教わったもの。こうやってかすかに笑っていたら男に自分の感情を悟られることはないから。それでも怒りが収まらないときは彼の好きなお菓子を作りなさい。そうしたら、男の興味はお菓子に行って、感情を悟られることはないから…。
 警察でも微笑でシラを切ろうとするブリー。
 しかし、指紋はどうやらブリーのものと一致したようで…。


 最後に、スーザン。
 マイクとの出会いから思いだします。
 結婚式の夜、スーザンの頼みで彼が作ってくれたポエムを最後の言葉として彼に捧げるのでした…。


 次回に続く…。


フィリピンセブ島の語学学校を<全校徹底比較>!1分入力で簡単資料請求が何校でも無料



 感想で、ちょっとリネットとトムの若いころは無理があったような(笑)2人とも仮装してるようにしか見えなかった。ギャビーとカルロスは違和感なかったのに、そのへんは不思議です。
 スーザンはこれから立ち直れるのかなー。


 
 
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード