洋画(マーベル関連)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーをみた感想~次回に続く~

 アベンジャーズ映画の第3弾「インフィニティ・ウォー」を公開初日に見ました。
  
 ネタバレありで感想書きます。

 



 ラストは「うそでしょ?!えー?!はーっ????!!!どういうこと???!!続編ありきだったの???!!!」という衝撃の展開が待っています。
 宣伝でも続編ありき(これって前後編という認識でいいんでしょうか)とまったく言ってなかったので、(いや、製作途中だとパート1・パート2になるといわれていた気がするんですが、途中からまったく言わなくなった気がします)キレイな形でハッピーエンドで終わるんじゃないかと、てっきり思い込んでいました....が、これはもう後味最悪の究極のバッドエンドです。

 ストーリーの中でも各々作品での主要キャラがいきなり死んじゃったり、、、、終始かなり重く暗い展開も多いです。
 もちろん各単独作品での登場人物が絡む姿、例えばアイアンマン×ガーディアンオブギャラクシーの面々×スパイダーマンやソー×ブラックパンサーは胸が熱くなる展開もあり、2時間半飽きさせない作りです。
 振り返るとガーディアンオブギャラクシーの面々がお笑い要素をよいしょよいしょで担っていて、いい緩和剤になっていました。

 すごく面白かったし、もう1回見たい!と思わせる内容ではあるんですが。、エンディングが・・・・・。残酷すぎる。。。。次にどうつなげるんだろう。。。。
≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!
 家に帰ってHuluでアベンジャーズ1作目を見返しましたところ、初対面のキャラたちが反発しあいながらも一つになる様子が初々しく、長年かけて積み重ねてきた絆に感慨深くなりました。
 来年の次回作公開までにこれまでの作品見返して、しっかり復習したうえで劇場公開に備えようと思います。
 正直インフィニティストーンもサノスがなんであんなに強いかもよく理解できていません。だってソーは神様なんだから楽勝できないとおかしくない?なんて思っちゃいます。



ブラックパンサーをみた感想〜家族って複雑〜

 全米でスーパーヒット中の初の黒人俳優主演にしたマーベルヒーロー映画ブラックパンサーを見ました。
 ストーリーは地球に危機が!地球を救おう!宇宙から強敵が!といった派手なものではなく家族同士の複雑な関係を主軸においており、結構こじんまりとしています。

 ヴィヴラニムのおかげで実は超文明大国のワカンダですが、自給自足なのか主要産業は何なのか、お金の出所はどこなのか、そんな現実的なことが気になりました。ヴィヴラニムがあれば食べ物も自然と豊かに育つんだろうか。

 結構、政治色も強く一部のアフリカの国は貧困や難民、政治不安で苦しむ人たちがいるのにワカンダだけでヴィヴラニムの恩恵を受けていいのか、みんなとシェアして世界と共有するべきなのでは、という論争もメインテーマです。

 アクションはかなりかっこよくて、特にウオーキングデッドのミショーン役で有名なダナイさんが王(ブラックパンサー)の護衛役で出ており、刀を槍に変えてバッサバッサと敵をやっつける姿は爽快でした。特に韓国での赤いドレスを着てアクションする様はとても綺麗でかっこよかった。

 主役とヒールの2人もマッチョかつイケメンでマイケル・ B・ジョーダンは本作で退場はもったいないくらいいい味出してました。別作品で単体でヒーロー映画の主演にそのうち抜擢されそう。


 みて損はない一作でした!

 

マイティ・ソー バトルロイヤルを見た感想~神話×宇宙×姉弟~

 マイティ・ソーの3作目、「マイティソー バトルロイヤル」を見ました。
 今回は路線をコミカルに変えて、神話の世界から宇宙へと飛び出し、シリーズの雰囲気もノリも切り替えています。
 結論として、ものすっごい面白かったです!最初から最後までテンション高めで飽きずに楽しめました。神話の世界―宇宙のどこかの惑星での闘技場シーン―ハルクとの友情―弟と揉め、姉とも揉め、相変わらずまとまらないオーディンの子供たち―なぜかドクターストレンジ登場と話の展開もスピーディーかつアクションも満載でまったく飽きず、もう1回見たいと思うくらい面白かったです。

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

 

 全体としてのノリは「ガーディアンオブギャラクシー」に近いです。
 オーディンの長女・ヘラがかなりいい味出してました。すごく怖いんですが、ユーモアもあって笑わせてくれました。ロキもひねくれてて、だいぶいい味出してました。ソーも1作目では性格いいとは言えなかったし、オーディンは子育てに失敗したんだろうか。。。神様なのに。。。

 神話の世界と宇宙の惑星、地球ってこんなにも簡単に行き来できるのかは謎ですが、ハルクも大活躍します。バナーがなぜ宇宙にいるかは一応解説はあるんですが、そんなに簡単に宇宙に来れるのかはやっぱり謎です。アスガルドの女戦士・ヴァルキリーもバナーと同じ惑星にいます。そんなに簡単に神話の世界と宇宙の惑星は行き来できるんでしょうか。

 突っ込みどころはありますが、宇宙と神話の世界をうまくミックスしてあまり違和感なくひとつの世界観でまとめていたと思います。
 こういう流れ作ったらガーディアンオブギャラクシーの自作にもソーやロキなどマイティソーの登場人物を出すことも今後ありえそうな気がします。

 あいかわらずひねくれているロキと強気なお姉ちゃん・ヘラが大変いい味を出していました!

 
 すっごいおすすめの映画です!




ガーディアン オブ ギャラクシー リミックス 見ました。-家族の話-

ガーディアンオブギャラクシーの第二作目をみてきました。
公開初日で激混みを予想していったら、ガラガラで半分も埋まってませんでした。
吹き替え3Dで見たからなのか、GW明けでみんな疲れてるのか、それともただ人気がないだけなのか。。。


感想...吹き替え版のせいかまったく作品に入り込めなかった。。。吹き替え独特のぜったい普段言わない言い回しが気になって気になって、ストーリー全然入ってこない。。。

3D効果もそんなになかったから、全然2D版で問題ないかと。


今回も、ノリのいい音楽とノリツッコミの掛け合いで軽いノリっぽい作りですが、内容はすっごいヘビーです。

軽くサラーっと流して描いてますが、今回肉親が敵でしかも最後あまり葛藤なくやっつけてますから、プラス家族もそいつが原因で亡くなっていたことが判明。。。

めちゃくちゃ重い。。。

しかも、途中までストーリーがどこに向かうか全然わかんないんですよね。
父親との若い物語なの?
そこはサブ扱いで跡で巨悪が登場するの?
中盤でやっとはっきりするんですが、宇宙を旅していた前作からしたら随分こじんまりしたスケール大きそうで、小さいような話です。

字幕、2Dでみたらもっと楽しめたのかなー。

マイティ・ソー/ダークワールド 予告編はこちら

 Thor/The Dark Worldの予告編が公開されています。全米では11月公開。日本では2月公開予定です。



 面白いのが全米版の予告編だとさいしょっからロキが出てきて今回はロキも仲間に回って戦うんだなーとわかりますが、日本版だと予告の最後の最後にロキが出てきて「えっ!!ロキが出てくるの??」という作りになっています。ソーがハンマーを振り回しながら「Anyone else?」とたずねる一応笑いをとってるオチらしい部分は日本版ではないんですね。
 ちょうどエージェンツofシールドも同時期にテレビで放送されているんで、なんらかの形で話をリンクさせてくれるんじゃないかと期待しています。じゃないと、映画もあってテレビドラマもある意味ないよね!すっごい期待しています。もしかしたら2話で出てきた謎の古代兵器のかけらが話のポイントになってたりするのかな。

 マーベル情報も新情報入り次第アップしていこうと思います。


カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード