バンクーバーとシアトルに行ってきました。移動はカルガリーからバンクーバーまではグレイハウンド。バンクーバーからシアトルまではBolt Busで移動。どちらも思った以上に快適でした。BoltBusではアメリカではwi-fi使えますし、座席にコンセントもついてた。グレイハンドも帰りの便では、wifiもついていてコンセントもついていたので快適な旅でした。といってもやっぱり乗っている時間が15時間以上なんでだいぶ疲れましたが(笑)

 旅ですが、バンクーバーはそうでもなかったけど、シアトルはすっごい好きでした!
なんというかビルも古い建物がいっぱいあって、味がある街並みでした。さすがスタバを生んだシアトルらしく、街のいたるところにはオシャレなカフェが。スタバの店舗面積もカナダや日本のよりかはだいぶゆったりと作ってあり、落ち着いてカフェでくつろぐ文化がシアトルには根付いているんだなーと実感しました。それに比べたらカルガリーは味気ないです・・・。ここ最近急速に発展している町だから、ビルも最新のものでオシャレなカフェなんて一軒もない気がします。人口はシアトルより多いんですけどね。

DSC_0511

 思い返せばアメリカを旅行するのは10年ぶり。あのときは兄がアメリカの大学に留学していた関係で、大学1年の夏休みに親に半ば強制で妹と2人でサンフランシスコ旅行に放り出されたのでした(笑)チケットだけ渡されて、空港で兄がピックアップするから行っといて!!という感じで。この旅行では英語は兄にまかせっきりで、ほぼ一言も英語使わなかったのに、いまとなってはカナダでネイティブ環境で仕事を得ているとは人生は不思議なもんです。
 あのときに見たヨセミテ公園の景色に言葉が出ないほど感動して、海外への憧れ、ほぼ毎年の海外旅行、はてはワーホリでオーストラリア、カナダでの永住権取得を目指すという道を歩んでいるんだなーとしみじみしました。

 ちょうど10年前の夏の出来事です。ちょうど10年後の夏、永住権目指してウィニペグに移動する直前に再びアメリカ合衆国に旅行するとは、これもまたひとつの節目のような気がします。そして、シアトルはスターバックスやタリーズコーヒー、マイクロソフトやアマゾンなど今を代表する企業が起業された場所。これもまたひとつの縁のような気がしています。


 これからの10年。今回のシアトル旅行がこれからの10年に向けてどんな道を作っていくのか影響を与えてくれるのか楽しみです。