マレーシアで8月末より公開されたクリストファー・ノーラン監督「TENET/テネット」を映画館で鑑賞しました。
コロナの影響で大作映画が映画館で新作公開されるのはとても久しぶり!
大画面で大作映画を見れるだけで大変幸せな気持ちになりました。




ネタバレありの感想です。
(といっても内容ほとんど理解できなかったので、ネタバレになっていないですが、、、)

マレーシアで字幕なしで鑑賞したので、英語力も問題もあり内容はほとんどついていきませんでした、、、。
時間逆行する技術があって、世界滅亡から防ぐ話。という大筋が理解できましたが、、、時間軸の描き方も一方方向に見せかけて実は逆行した姿という複雑さがあり、一回見ただけでは理解できない。

音の演出はすごいです。
心臓のバクバクと効果音・音楽がすごく上手に重なるよう使われているので、映像からだけでなく音からも迫力が伝わってきました。

映像もすごいです。
時間が逆行するから、エクソシスト的な歩行をするアクション・崩れていくビルが時間逆行により元通りに戻っていくアクションがあるんです。カーチェイスでも車が逆行したり、見たことないアクションシーンを目にすることができます。

あと、ロバート・パティンソンが初めてかっこよく見えました。
これまではトワイライトシリーズの印象が強くて、青白い顔色の不健康そうな人、、、としか思ってなかったんですが、、、この映画ではおちゃめなシーンあり、アクションシーンあり、で初めて生き生きと動いているロバート・パティンソンを見た気がしました笑。
彼はイケメンだけど、特徴的な惹かれる顔していて、なんだか目が離せない。
すごく気になる存在。
「スターになる人なんだなー」となんだか思えた。20201年にDC映画「バットマン」主役も控えており、これから大スターになっていくんでしょうね。
こういう人をスターと呼ぶのか。テネットを通してすごく思いました。
テネットでの一番の発見はロバート・パティンソンの魅力に気づけたことかもしれない。



内容は難しくて理解しにくい映画ですが、
映像・アクション・音・ロバートパティンソンの魅力を楽しめるので、おススメしたい映画です。


これを機にロバート・パティンソン出演作品、色々見てみようかな。



スポンサードリンク