Amazonプライムビデオで2020年5月に配信開始された海外ドラマ「アップロード/UPLOAD~デジタルなあの世へようこそ~」シーズン1が面白くて1日で見終わっちゃいました。
見た感想とおススメポイントを紹介します。

予告編はこちら。


舞台は2033年。
死んでも意識をデジタル世界(VRの世界)にアップロードすることで意識だけは生き続けることができる世界になっています。
でも、アップロードは無料ではなく有料で行い、いける世界のグレードも料金別で決まっているため、格差が生じています。もちろんVR世界でいろんなものを購入するにもお金が必要。

主人公のノラはアップロードされた人たちのサポート係。
VR世界ではきれいな服をきたサポート係ですが現実世界ではコールセンターのような場所で働き、給料も大して高くありません。
もう一人の主役格のネイサンはアプリをつくるSEで交通事故死したため、(実家は貧乏のため)ガールフレンド・イングリッドのお金で高級なVR世界・レイクビューに転送されます。
しかし、自動運転が進む2033年では交通事故死はあり得ない死因で、ネイサンの記憶もところどころ途切れていて、、、陰謀の予感が。。。

みたいな話です。


現代のIT社会も反映していて、評価を5つ星のいずれかで付けるとか、Yelpで飲食店の口コミを見る、デートアプリで相手を探す、など社会風刺している点も面白い。
アメリカの政治に影響を与えるコーク兄弟をモデルにしたんだろうキャラクターも登場します。

ジャンルとしてはコメディドラマですが、テーマは「死んだ人と恋愛することは可能なのか」「そもそも意識だけでも永遠に生き続けたいか」とすごく深いです。
また、ドラマが進むにつれネイサンの死んだ理由も明かされていきますが、シーズン1フィナーレでは中途半端な状態で終了。
巨大企業を巻き込んだ陰謀を感じさせる展開。


SFドラマ、社会風刺ドラマとしても楽しめる作品です。
マトリックス(仮想現実を生きる)×グッドプレイス(死後の世界)みたいなドラマ。


シーズン2製作も決定したよう。




Amazonプライムビデオで配信中。おすすめです。



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

スポンサードリンク