Huluで見つけた海外ドラマ「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア~制御不能な夢と野心」をなんとなく見始めたら3日でシーズン3まで一気見しちゃいました。
最近、あまり一気見するほどハマるドラマには出会えなかったんですが、これは大当たり。
ビジネスドラマが好きな人、IT業界やスタートアップ業界を舞台にしたドラマが好きな人には絶対に見てほしい!

ターミネーター:ニューフェイト」に出ていたマッケンジー・デイビスも出演しています。




あらすじは80年代のテキサス。
元IBMのジョーがテキサスの中堅IT企業のカーディフに中途入社したところからはじまり、次世代のPCを作りたい野心を叶えるため、営業力とプレゼン力を生かし、プリセールスのゴードンや大学中退した天才エンジニアのキャメロンを巻き込みながら実現していく様子を描きます。

正直、ジョーの口がうますぎて逆に胡散臭く、しかもIT技術に関してはほぼ疎いため、「こいつ口だけじゃん!ムカつく!!」って印象しかないんですが、回が進むごとに登場人物ほぼ全員が彼のうさん臭さにウンザリし出すので、そこは面白かったです。
キャメロンはソフトウェア担当、ゴードンはハードウェア担当なので、両者間のいざこざも企業でよくある部署ごとのいざこざに通じるところがあり、大変面白かった。

シーズン1では脇役のゴードンの奥さん・ドナもシーズン2からは主要人物になります。
女性がIT業界でのし上がっていくドラマとしても大変面白いです。
ジョーはおそらくスティーブ・ジョブズをモデルにしてるのかなーと感じました。
彼も確かコーディングは得意じゃなかったんじゃないかな。
ジョーやキャメロンから「あんた口だけで技術力ないじゃん!あんた何もしてない!アイデアを盗むだけ」ってシーズンを通して突っ込まれまくるんですが、それでも実現へとこじつけていく人たらし力はすごい。(うさんくさくて、嫌われちゃうんだけど)


このドラマは本当に展開が早くて、仲間が味方になり、敵同士が組んだり、仲良くならなそうは2人が仲良くなったり、人間関係も面白い。
そして、扱う製品も小型PC、チャットサービス、組み立てPC、ITセキュリティ、インターネットと時代の流れに沿ってどんどん変わっていきます。
シーズン4の第一話を見た後でシーズン1を見ると、登場人物の見た目も舞台も人間関係も大きく変わっているので、見返しても面白いです。


日本だと知名度ほとんどないけれど、
大変おすすめしたいドラマ!
ここ5年で見たドラマの中でTOP3に入る面白さでした。


ぜひぜひ!第一話だけでも見てほしいです!!

現状、Huluで配信中です。
シーズン4は毎週土曜日に最新話を更新中。



スポンサードリンク