アカデミー賞で複数受賞した後だと混むかなーと思い、アカデミー賞前日に見に行きました。

見た感想は、、、、
後半の怒涛の展開、複雑な感情が整理できず、見た後にずしんと重く印象に残る映画でした。




仕事がない4人の家族を主軸に描いています。
映画だけど、庶民にとっては「自分もこういう状況にいつ陥るかわからない」という恐怖があります。
お父さんの衝動的な行動も「なんかわかる」気持ちになる自分に自己嫌悪。。。
やっぱり、じわじわと直接的ではない差別意識を言われたり、ああいった行動で突きつけられると衝動的にああいう行動に出るのはわかる気持ちになる。

今、韓国で起こっていることを知る意味でも大変勉強になりました。
日本は人手不足が社会問題になっていますが、映画内で「警備員の面接に500人押し寄せる」というあったように韓国だと就職難が起こっているんですね。
でも日本にも就職難の時代はあったし、景気が悪化したら企業は採用止めるので、明日は我が身という現実的な怖さがあります。
ジョーカー」「ハスラーズ」「万引き家族」という最近は格差社会をテーマにした映画が多い。
資本主義、もう限界なのかもしれない。



お母さんが言った「お金はアイロンと一緒でまがった心をまっすぐにしてくれる。だから純真で誰にでも優しくなれるの」という意味合いのセリフも大変印象に残りました。
ほんと、そう。
お金があると気持ちに余裕ができるから優しい気持ちで心穏やかに暮らせる。
金持ちけんかせず。


前半の徐々に金持ち家族にパラサイトしていくブラックユーモアな展開から後半は怒涛の胸をえぐる展開のジェットコースター映画。
感情の揺さぶりがすごい。
吐き気にも近い不快な感情。
感覚としては「ダンサー・イン・ザ・ダーク(字幕版)」を見た後の気持ちに近い。

ものすごく心に突き刺さり、数日気持ちが暗くなる作品でした。
見る価値が大変ある映画です。

エンディング曲は半地下家族の長男を演じたチェ・ウシクが歌っています。
「Soju One Glass」


スポンサードリンク