Amazonプライムビデオのオリジナル作品「ザ・ボーイズ シーズン1」を見た感想です。
シーズン2の製作も決定しています。
ゴシップガールに出演していたチェース・クロフォードも出演。
知名度から言って主演かなーと思ったら脇役でちょっとヘタレなスーパーヒーロー役でした。。。

グロいのOK。
シニカルな展開大好き。
そういう人にはオススメしたいドラマです。

コミックが基になっていて、日本語翻訳版も販売されています。



ここからなネタバレありの感想。

ヒーローをマネジメントしている企業があり、実はナチュラルボーンヒーローは存在せず、コンパウントVという薬物を使って生み出されたヒーローたち。
ヒーローたちもスターと同様の扱いでやりたい放題で、いろいろとトラブルを起こしては揉み消すを繰り返しています。
そんなヒーローたちの横暴に耐えきれず一般人が立ち上げるというドラマ。

特にヒーロー軍団のTOP・ホームランダーの横暴はえげつない。
飛行機事故救おうとして途中で見捨てたりやりすぎ。
この辺は心美しい人は見るに堪えないでしょう。


でも現実にスーパーパワー持ったヒーローがいるわけないし、いたとしてもメディアで作られたイメージを信じているケースが多いかも。
例えば芸能人もメディアに作られたイメージと現実の姿は違うだろうし。

シーズン2の予告編も公開されています。




どういう展開になるか想像もつかないから、配信開始が楽しみ!
2020年にアマゾンプライムビデオで配信予定です。




スポンサードリンク