数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

旅番組好きにHuluをおススメしたい理由

水原希子の「ブラを捨て旅に出よう」配信開始を機にHuluに再登録しました。
これまでU-NEXT、Amazonプライム、ネットフリックスと有料動画配信サービスを数々利用してきた自分としては「日本人が海外を旅する旅番組好きにはHuluが合っている!!」ことに気づきました。
昨日からずーっと旅番組をHuluで見てます。

おススメしたい理由をいくつか挙げるとすれば、
旅猿、千原せいじ漫遊記、水原希子のブラを捨て旅に出よう、とコンテンツが揃っている。

日本版Huluには日本テレビの資本が入っています。なので、日テレ系のバラエティが揃っています。
水原希子の番組はHuluオリジナルですが、旅猿は日テレ、千原せいじ漫遊記は読売テレビの番組です。
なので、これらのコンテンツはHuluでしか見れません!

U-NEXTとAmazonプライムでは配信されている番組もありますが有料でレンタルする形です。
こんな感じ。



特に、千原せいじ漫遊記はかなりおススメの旅番組。
千原せいじが観光地に「こんなん関西でもあるわ!」とか鋭い突っ込みをいれながら、旅する新しい形の番組。番組の半分くらい怒っているせいじがすごく面白い。

ネットフリックスはオリジナル番組で海外制作の旅番組はコンテンツ豊富ですが、日本人のツボにはまるバラエティセンスがなくて、やっぱり外国人に受ける旅番組ばっかりだなーという印象。
AmazonプライムとU-NEXTはそもそもオリジナルの旅バラエティ番組を制作していません

他サービスが今後、旅番組コンテンツを充実させる可能性は十分ありますが、今のところHulu以上に揃っている定額動画配信サービスはありません。
旅番組好きにはHulu!!!

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!


あー旅行行きたくなってきたー!!
エアトリみながら現実逃避しよ。






Hulu「水原希子のブラを捨て旅に出よう」を見た感想~成都に行きたくなる!~

Huluで本日配信開始の水原希子の旅ドラマ「ブラを捨て旅に出よう」を見ました。
一言でいえば女子は絶対好きな旅ドキュメンタリー!
※一気に配信するかと思ってたら、順次配信でした。

正直、どこまでが演出でどこまでが素の水原希子なのかはよくわかりませんが、、、
そんなこと考えてたらキリがないので、考えずに楽しむことがおすすめします。
絶景あり、街歩きあり、おいしい食べ物ありですごく楽しめる内容でした。


5005
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!


ドキュメンタリーは水原希子が「世界を伝える旅番組をしたい」とHuluホールディングス株式会社に自ら売り込むところからスタート。
ちょっとした演出以外はドキュメンタリーという設定で番組が進みます。
なので、ところどころ演技っぽい彼女と素っぽい彼女が見れます。

最初の目的地は中国「成都」。
水原希子が中国で一番人気の都市という理由から選んだらしい。
ここではちょっとしたトラブル(演出?)で大根村という先住民の村に連れていかれたり、四川料理の店で見知らぬ客から辛口対決を挑まれたり、王君という現地のお金持ちボーイにナンパされてドライブ行ったりします。

何より成都が思ったより都会!
四川料理おいしそうだし、伝統的な古い町並みも都会も楽しめそうだし、これで日本女子の間で成都が旅行人気都市のひとつになりそう。


2話はベトナム!


見ていてすごく旅行行きたくなる内容だし、
動画配信サブスクサービスで日本の番組でオリジナル旅バラエティはほかにはないので、
(ネットフリックスにはグルメ番組や旅番組あるんだけどどれも海外オリジナル作品だからいまいち楽しめない派です)
旅好きにはおススメ!
近い旅バラエティあげるなら、旅猿が近いかな。


調べたら原案となった本があるようです。こちら。



成都行きたいー!!!

実写映画「キャッツ/CATS」を見た感想(ネタばれあり)

アンドリューロイドウェイバーが手掛けるミュージカルの実写版映画「キャッツ」を見てきました。

キャッツ実写映画


全米では公開されたものの、「グロテスクなデザインと慌ただしい編集で、不気味の谷へと転落していく。ほとんどホラー」(Los Angeles Times)、「すべての関係者にとって最も低レベルのキャリアになってしまった」(The Guardian)と大酷評を浴びた作品。

実際見た感想をネタバレありで書くと、
「一流の演者と監督でお金をかけて作っているのはすごく伝わるし、歌もダンスも一流なのは見ててわかるけれども、観客がほぼ感情移入できない映画」でした。

人の顔だけ猫の姿が生理的に受け付けない人、全身タイツ姿が受け付けない人も一定数いるようですが自分は違和感なくそこは受け入れられました。

つまらなかった理由を自分なりに考えたんですが
、ストーリーがない!!!!
これに尽きると思います。

まず、主人公(であってるのか?)のヴィクトリアが飼い主に捨てられたところから話は始まるんですが、そこから説明皆無で映画が進みます。
突然踊りだして、”新しい人生を生きることが許される”舞踏会の参加がどーのこーのという展開がいきなりスタート。舞踏会の参加者をだらだらを歌って踊って紹介して1時間が経過。
気づいたら舞踏会始まっていて、最後ジェニファーハドソンが優勝。

驚愕のプレエンディングでは、優勝したジェニファーハドソンが気球のようなものに乗って空に飛んでいきました。。。
彼女、映画の中では過去にスターだったがおちぶれて貧乏暮らし&嫌われている設定なので、なんだか舞踏会の優勝を理由に組織を追い出されたようにしか見えなかった。。。。
どこ行ったの、ジェニファーハドソン猫。。。。
あと、シャーって消える魔法なんだったんだろう。


最後はイギリスの大御所女優・ジュディデンチ猫が「猫はきまぐれ」「犬とは違うだよ!」という謎の歌を歌ってフィナーレ。

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

突っ込みどころ満載の観客を置いてけぼりで猫の恰好した人たちが盛り上がる辛い2時間でした。


とはいっても途中に数か所心躍るシーン、ジーンとくるシーンはあるんですよ、賞味20分くらい。
それは下の4つです。
ジェニファーハドソンが哀愁たっぷりに歌う「Memory」
イマンマッケランが貫録たっぷりに歌う「Guns:The Theatre Cats」
レベルウィンソンの「The Old Gumbie Cat」(ゴキブリ描写はだいぶ気持ち悪かったけど)
ジェームスコーデンの「Bustopher Jones : The Cat About Town」


ストーリーもだらだらとよくわからない舞踏会ネタで引っ張るよりかは、捨て猫の孤独に振り切るか、逆に自由気ままな猫を描いたコメディに振り切ったほうが面白く作れたような気はします。


ミュージカル版のDVDはこちらです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャッツ【Blu-ray】 [ “サー"ジョン・ミルズ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/1/24時点)






星野源 「DOME TOUR 2019POP VIRUS@京セラドーム」を見た感想〜楽しそう〜

今年見たライブ記録。
なんかライブ行きたい!ネットサーフィンしていたら、なんと星野源のドーム公演が翌日にあることを発見。
運良くチケット取れたので見に行きました。


FullSizeRender

オリジナルコンテンツ数No1!【AbemaTV】



席はバルコニー席で、いっちばん上です。
傾斜あって立ち上がると怖い。
でもバルコニー席の人たちはみんなずっと座ったままで落ち着いて観賞していたので、個人的にはゆったり見れてよかった。
ノリノリなファンのノリについていけない人はバルコニー席オススメです。


ここからはネタバレあり。


感想を一言でいうと、
星野源がハッピーオーラを最初から最後まで振り撒きまくってました!!
ドーム公演となると感極まって泣くアーティストも多いじゃないですか。ある意味、会場規模でいうと最高の到達点な訳で泣く気持ちもわかる。夢が叶ったんだからそりゃ泣くよね、と思う。
星野源は、会場のサイズにはあんまりこだわってないのかな?と思えた。
それよりも、ドームに来てくれた観客に楽しんでもらおう!という工夫と想いがじんじん伝わってきました。

花道も長かったし、花道の先にセンターステージあったし、客席に近い場所にも来て歌ってくれました。
ドームって広すぎて席遠いと楽しめないケースも多いけど、今回はバルコニー席でも楽しかった。会場の広さを全く感じないアットホームなライブでした。

星野源も最初から最後まで楽しんでいて、見ていてハッピーな気持ちになれるライブでした。






もしかしたら大きすぎる会場でライブすることは星野源の本意じゃないのかもしれない。
派手な演出も好まなそうだし、今回の演出もホールやライブハウスがちょうどいい気もした。

大人の事情でドームツアーしたのかもしれないけど(勝手な推測です)、それでも観客を端から端まで全力で楽しませてくれた星野源の素晴らしい人柄を感じたライブでした。



あと、最初から最後まで歌声も変わらず
歌も上手なのね、と知りました。



「ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA - 40年のありったけ -(大阪公演)」を見た感想-ぶっとんでるー

2019年に行ったライブ記録。
4月に大阪・フェスティバルホールで開催されたASKAのデビュー40周年記念コンサートに行きました。
IMG_0433
正直そんなに世代ではないのですがチャゲアスの「YAH YAH YAH」「LOVE SONG」は大好きだし、ASKAソロの「晴天を褒めるなら夕暮れを待て」は好きだし、youtubeでASKAがミスチルの桜井さんと歌う動画があり、なんと桜井さんが食われていたので、「ASKAすげー!!!」となり、思い切って行くことにしました。

そのときの動画がこちら↓


オリジナルコンテンツ数No1!【AbemaTV】


ここからなネタバレありです。


すごく歌うまかったんですが、もごもごと何歌ってんのかわかんない。
この日は絶不調で風邪を引いており、中止も検討したとのこと。
MC中もしきりに「ごめん。。。」と言っていました。

風邪で声全然出ていなかったと本人は言っていましたが、初めて見た自分からしたら十分上手かったです。STINGしかり、藤井フミヤしかり、やっぱりベテランで息の長い活動をしている方々は歌がうまいだけじゃなくて人を惹きつける魅力を持っているなーと感じます。

歌った曲は正直知らない曲も多かったけど、
「LOVE SONG」「めぐり逢い」(アレンジ加えてました)
「晴天を褒めるなら夕暮れを待て」「今がいちばんいい」←この2曲は盛り上がった!
が特に印象に残っています。

アンコールでは「YAH YAH YAH」も歌ってくれて、会場全体で拳を上げて盛り上がりました。
楽しかったー!!!


アンコールでもしきりに絶不調だったことを誤っていて、「お詫びに会場全員で撮った写真をプレゼントする」「サイン色紙をプレゼントする」と色々とASKAさんが何かお詫びをしたい旨を言っていて、「スタッフに許可とっていないけど、、、さっきのやっぱなし」と今日だからこそ見れる特別なやりとりが見れた点はある意味レアでした。
※結局、ライブCDを後日プレゼントするお詫びになったようです。公式ブログで後日告知していて、気づいた時には申込期間終わっていた。。。。残念。



MCでは詩の朗読的なこともやっていて、「地球はもうすぐ滅びようとしている。でもいいじゃないか」とかなりぶっ飛んだことを言っていて、ん???と思う瞬間も多々ありましたが、全体的には楽しめたライブでした。




何よりもファンの方々の「いろいろあったけどASKAを応援し続ける」熱く真摯な気持ちが伝わってくるライブでした。
ASKAさん、歌声や曲だけはもちろん、ひと時も目を離せないような・強そうだけど繊細で壊れてしまいそうな天才肌というか人間としての不思議な魅力をお持ちでしたもん。





今度は絶好調な時に見にいこう。
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード