数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

Hulu「水原希子のブラを捨て旅に出よう」を見た感想~演技と素の差がわかりやすい~

Huluで水原希子の旅番組「ブラを捨て旅に出よう」を見た感想です。(ネタバレあり)
今回はベトナム・ホーチミン編。




国境越えとホーチミンの水上マーケットで学校に行ったことがない少年と出会い、彼と遊園地に行くというような流れです。
水原希子の演技力があんまりないのか、素と演じているときの差がわかりやすい(笑)
素だとちょっと声が低くなって、演技だとかわいこぶってる感じになってる。
今回は仕込みが多かったのか、演技している希子がほとんどだったと推測。
最後、少年が水原希子を母親代わりと感じていたのはお母さんと顔が似てたからというのにはほろっとしたけど、顔写真が、、、、あの写真でよかったんでしょうか。。。


結構ドラマ要素が高めだから、単に水原希子が海外をバックパック旅行する番組でもよかった気がする。
作られたドラマより単においしいもの食べて観光地巡る姿見てるシーンのほうがライブ感があって楽しい。

次はインド編。

アマゾンプライムビデオ「スタートレック:ピカード シーズン1×2話」を見た感想

アマゾンプライムで「スター・トレック:ピカード」シーズン1×2話の感想です。
ネタバレありです。



ロミュランがダージ殺害の背後にあると推測するピカード。
ピカードが宇宙に行くことを決め、カーステンに協力を仰ぐも断れたので自力で宇宙に行く仲間集めをはじめます。
ダージと双子(人工人間なら双子じゃないのか?)のボーグ構造物研究所で働いているよう。
ボーグ構造物研究所はまだ何かよくわからん。

とりあえず政府側にもボーグ構造物研究所にもスパイが忍び込んでいて、、、大丈夫か?と突っ込みどころを感じました。

ピカードが宇宙を旅する展開にこれからなっていくことになるんでしょうね。
スタートレック初見だから1-2話の宇宙を旅しない展開には何とも思わないけど、長年のファンからしたら地上で話が進むのは物足りないのかな?



Spofifyで出会ったおすすめアーティスト:Rendy pandugo

音楽定額配信サービスは自分の好きなアーティストの曲を無制限に聞けるだけじゃなくて、AIによるおススメ機能でこれまで出会ったことなかったアーティストや曲に出会えることも魅力のひとつ。

そんななかで好きなアーティストがRendy pandugo

インドネシア出身、1985年の生まれの男性シンガー。
ジョン・メイヤーやエドシーランに近い感じです。
英語で歌っているので洋楽として聴けます。
Wikipediaでは日本語・英語ともに情報出てこなかったからまだメジャーではないのかな。

一番好きなのは7days。昼下がりのカフェで流れているようなポップなやさしい曲。


声も渋くて温かみのあり、楽曲もポップで聴きやすいのでぜひ定額配信を機に日本でも人気出てほしいアーティストです。

アマゾンプライムビデオ「ミッドナイト・ランナー」を見た感想(ネタバレあり)~よくある人気俳優のバディもの~

2020年4月よりキンプリの平野紫耀とセクシーゾーンの中島健人のダブル主演でリメイクドラマ(日テレで土曜10時)が放送されるらしい韓国映画「ミッドナイトランナー」を見たネタバレありの感想です。
2020年1月29日時点で定額動画配信サイトではアマゾンプライムビデオでのみ配信されています。



韓国の人気若手俳優のパク・ソジュンカン・ハヌルのダブル主演。
あらすじは警察学校試験で知り合った2人は、クラブに出かけた際の帰りに女の人が誘拐される事件に遭遇。2人で犯人のアジトに侵入し、あと一歩のところまで追い詰めるのですが逃げられ、警察に助けを求めるのですが、ルールやレポート手順を第一優先してまったく動いてもらえず。。。
2人単独で犯人のもとに改めて潜入するのでした。

という感じです。

うーん。
正直あんまりおもしろくなかった。
軽いノリで描いてるんですが、誘拐の目的が卵子摘出ってちょっとシリアスすぎる。。。
リメイクドラマがどんなストーリーになるかを知りたい人は参考までに見てもいいんじゃないでしょうか。



アマゾンプライムビデオ「ザ・ボーイズ シーズン1」を見た感想(ネタバレあり)~きわめて現実的な作られたヒーロー像~

Amazonプライムビデオのオリジナル作品「ザ・ボーイズ シーズン1」を見た感想です。
シーズン2の製作も決定しています。
ゴシップガールに出演していたチェース・クロフォードも出演。
知名度から言って主演かなーと思ったら脇役でちょっとヘタレなスーパーヒーロー役でした。。。

グロいのOK。
シニカルな展開大好き。
そういう人にはオススメしたいドラマです。

コミックが基になっていて、日本語翻訳版も販売されています。



ここからなネタバレありの感想。

ヒーローをマネジメントしている企業があり、実はナチュラルボーンヒーローは存在せず、コンパウントVという薬物を使って生み出されたヒーローたち。
ヒーローたちもスターと同様の扱いでやりたい放題で、いろいろとトラブルを起こしては揉み消すを繰り返しています。
そんなヒーローたちの横暴に耐えきれず一般人が立ち上げるというドラマ。

特にヒーロー軍団のTOP・ホームランダーの横暴はえげつない。
飛行機事故救おうとして途中で見捨てたりやりすぎ。
この辺は心美しい人は見るに堪えないでしょう。


でも現実にスーパーパワー持ったヒーローがいるわけないし、いたとしてもメディアで作られたイメージを信じているケースが多いかも。
例えば芸能人もメディアに作られたイメージと現実の姿は違うだろうし。

シーズン2の予告編も公開されています。




どういう展開になるか想像もつかないから、配信開始が楽しみ!
2020年にアマゾンプライムビデオで配信予定です。




カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード