Netflix「ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから」を見た感想~甘酸っぱい三角関係~

ネットフリックスで配信中のオリジナル映画「ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから」を見た感想です。
最近、中国系女性が主人公のネットフリックス映画多いな。
穏やかで優しい気持ちになれる作品でした。
休みの日にのんびり見るのはいい映画。
おすすめ度。 ☆3.5


脚本・監督はアリス・ウー。
台湾からアメリカに移住した女性でスタンフォード大学で博士号を取り、マイクロソフトで働いてきた大変優秀な女性。
映画監督作品は「Saving Face/素顔の私を見つめて」に次いで2作目。

主役は中国から移住してきた地味な中国出身の女の子エリー。
アメフト部のダニエルから学校一の美人アスターへのラブレター代筆を頼まれるところからストーリーが展開していきます。

<ネタバレありの感想です>
登場人物に悪い人が出てこなくて、田舎の風景や音楽も穏やかで見ていて癒される作品でした。
映画の中でも言葉ではエリーがアスターを好きなのか、ダニエルがエリーを好き化のか、エリーはダニエルとアスターのどっちを好きなのか名言していないし、おそらく3人の心の内でもはっきりとわからずモヤモヤしているところが青春って感じで甘酸っぱかったです。

最後、エリーが大学へ旅立つ電車をダニエルが追いかけるシーンもよかったな。
はっきりと感情を言葉にするわけじゃないんだけど、なんか泣けました。


手紙のやりとりも言葉がしゃれていて、本をよく読む人たちが知的に楽しんでる感じでよかったです。
アスターの周囲と実は溶け込めてないところを理解しているようで、彼女もなんとなくエリーが代筆しているとわかってるようでした。
アスターは友達としてエリーを見ていたのか、好きだったのか、答えは映画では出していない。
おそらくまだはっきりしていなんだろう。


青春の1ページを丁寧に切り取った作品。
心がキレイになる癒し系映画でした。


アリス・ウー監督の初監督映画はこちら。



ランキング参加中!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




Amazonプライムビデオ「アップロード/デジタルなあの世へようこそ」の感想(ネタバレあり)~IT好きにはおススメドラマ~

Amazonプライムビデオで2020年5月に配信開始された海外ドラマ「アップロード/UPLOAD~デジタルなあの世へようこそ~」シーズン1が面白くて1日で見終わっちゃいました。
見た感想とおススメポイントを紹介します。

予告編はこちら。


舞台は2033年。
死んでも意識をデジタル世界(VRの世界)にアップロードすることで意識だけは生き続けることができる世界になっています。
でも、アップロードは無料ではなく有料で行い、いける世界のグレードも料金別で決まっているため、格差が生じています。もちろんVR世界でいろんなものを購入するにもお金が必要。

主人公のノラはアップロードされた人たちのサポート係。
VR世界ではきれいな服をきたサポート係ですが現実世界ではコールセンターのような場所で働き、給料も大して高くありません。
もう一人の主役格のネイサンはアプリをつくるSEで交通事故死したため、(実家は貧乏のため)ガールフレンド・イングリッドのお金で高級なVR世界・レイクビューに転送されます。
しかし、自動運転が進む2033年では交通事故死はあり得ない死因で、ネイサンの記憶もところどころ途切れていて、、、陰謀の予感が。。。

みたいな話です。


現代のIT社会も反映していて、評価を5つ星のいずれかで付けるとか、Yelpで飲食店の口コミを見る、デートアプリで相手を探す、など社会風刺している点も面白い。
アメリカの政治に影響を与えるコーク兄弟をモデルにしたんだろうキャラクターも登場します。

ジャンルとしてはコメディドラマですが、テーマは「死んだ人と恋愛することは可能なのか」「そもそも意識だけでも永遠に生き続けたいか」とすごく深いです。
また、ドラマが進むにつれネイサンの死んだ理由も明かされていきますが、シーズン1フィナーレでは中途半端な状態で終了。
巨大企業を巻き込んだ陰謀を感じさせる展開。


SFドラマ、社会風刺ドラマとしても楽しめる作品です。
マトリックス(仮想現実を生きる)×グッドプレイス(死後の世界)みたいなドラマ。


シーズン2製作も決定したよう。




Amazonプライムビデオで配信中。おすすめです。



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Netflix「私の”初めて”日記/Never Have I Ever シーズン1」を見た感想~キャストみんなが魅力的~



ネットフリックスのドラマ「私の”初めて”日記/Never Have I Ever シーズン1」を見終わったので感想書きます。
2日で一気見しちゃうくらい面白かったので、おススメできるドラマです。
<ネタバレあり>


キャストみんなが魅力的に描かれているところが一番好きでした。
主役のインド系女子高生デービーはちょっと自己中心的で周りを振り回す点はよくあるドラマの主人公的ですが、、、
イケメン相手役のパクストンはダウン症を抱えて妹のことを隠したり、完璧そうに見えても悩みを抱えている。
幼馴染で腐れ縁のベンはお金持ちだけど両親は放任主義でいつも家でひとりぼっち。
親友ファビオラはレズビアン、エレノアは母親が女優になる夢を追いかけて出ていった、、、(けど夢あきらめて街に実は戻ってきていた)。
従妹の同居人カマラは親の言いつけを守ってお見合い結婚するか悩んでいる。
デービーのお母さんは一人でどう子育てしていいかわからず、すごく悩んでいる。


人気ドラマがセリフで使われているのも面白かった。
「Riverdale」を見てカマラが親に立ち向かうことを決めるところとか。
病院でイチャイチャするのを「グレイズアナトミーみたい!」と言うところとか笑



ネットフリックスでは、インド系、アジア系主演の映画やドラマが増えてました。
このドラマでは主要キャラがほぼアジア系と黒人なのも革新的。
アグリーベティではベティ、ベティ一家とウィルミナ以外白人キャストがほとんどだったから、時代も変わったなあ。
世界でアジア人の経済に占める存在感も上がってきたことをそんなところからも感じます。
シーズン1はある意味、クリフハンガー的に終わったのでシーズン2更新期待しています。

主演のMaitreyi Ramakrishnanちゃんの公式インスタはこちら




イケメン相手役Darren Barnet氏の公式インスタはこちら。


ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


リバーデイル、若者にめちゃくちゃ人気!



Netflix「ジレンマ/TOO HOT TO HANDLE - ジレンマだらけの同総会-」を見た感想~ハリーとフランチェスカのその後は、、、~

5月8日にネットフリックスで公開となった「TOO HOT TO HANDLE」の番外エピソード・ジレンマだらけの同総会を見た感想です。

<ネタバレあり>
このYoutube動画は異なりますが、ナレーションをしていたデザレイ・パーチの司会で各キャストをビデオ通話でつないで同窓会的な集まりをしたエピソード。


相変わらず、フランチェスカとハリーの尺が長い。
2人は1回別れたようですが、8か月の冷却期間を経て遠距離恋愛を復活。
なんと番組中にハリーがプロポーズをしてフランチェスカは「YES!」。
結婚するようですー。
ハリーはオーストラリア・クイーンズランド在住だと思ってたけど今はロサンゼルスに住んでいるのが地味に気になりました。移住したのかな?


そして、ロンダとシャローンは別れちゃったようです。
シャローンは今でも未練ありそうな空気でした。
別れの理由は明かさず、ロンダは「番組中は自分を偽っていた」と涙ながらに語っていたし、なんか深い闇がありそう、、、。
この2人が番組のコンセプトを一番体現してたので、なんか寂しい気がしましたが、すごく深く考えて選んだんだろうなーと画面越しに伝わってきました。


悪役をやり切って途中退場したヘイリーもちゃんとインタビュー受けてました。
「ルールに縛られるのは嫌!わたしは好きなことをやるわ!」と啖呵きって最後まで会心しないのは、ある意味自分貫いていて、よい。



デイビッドはほぼ出番なし。
彼のインスタは筋トレやストレッチ動画を配信してるのでよく見てます。
宅トレにも使えるのでぜひフォローおすすめ。



ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Netflix「私の”初めて”日記」を見た感想~可愛くてオシャレなコメディ~

ネットフリックスで新しく見始めたコメディ「私の初めて日記」。
まだ2話までしか見てませんが、結構面白い。




主人公はインド系の女子高生デービー。学校ではオタクやダサいのくくりにあるタイプの少女です。
お父さんが亡くなったショックで急に歩けなくなったんですが、3か月後に急に歩けるようになったところからドラマはスタートします。

彼女の日常を描いたドラマ。1話30分程度で見やすい。
同じくインド系女優のミンディ・カリングが製作に携わっています。
主人公のデービーは上白石萌音にちょっと似ている。
彼女の主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」でもありましたが、さえない女の子にイケメン彼氏ができるストーリーが世界的流行なのかな。

インド系だからかな、部屋の家具はカラフルで使用されている音楽は80年代っぽいピコピコサウンドが多く、オシャレ。
ドラマの雰囲気は「LOVE,サイモン」に似ている気も。

インド系家庭の日常を描ている点も「へー」と勉強になる。
持ち物を清めるとか、あったこともない人と結婚するとか。
アグリーベティではヒスパニック系一家のベティが主人公で家庭の様子も描いていました。
ドラマのPOPな雰囲気やマイノリティを描いている点は似てます。
アグリーベティが放送開始された2006年(そんな前なんだ!)から16年経って、インド系少女主演のドラマが作られるのも時代の変化を感じます。


主人公のお友達は黒人・アジア系、主人公が憧れるイケメン先輩パクストンは日系男性で非白人キャストが主要なのも日本人としては嬉しい。
パクストンが片言の日本語で「おじいちゃん、後で教えてね」と喋るセリフも出てきます。
「後で教えてね」ってどういうこと?ストーリーと全然関係セリフで、とちょっと面白かった笑。


とことん非白人キャストをメインに置いたドラマ。
アメリカでは非白人が現状40%近く、2060年には60%になると予想されているので、実際の学校の雰囲気もいろんな人種が混ざり合って、ドラマのような感じなのかも。


すっごい意地悪なキャラクターも出てこず、平和にほっこりと軽い気持ちで見れるドラマ。
優しい気持ちになりたいときに見るのおススメです。

シーズン1見終わったら、再度感想アップします。


「私の初めて日記」が好きな人は「LOVE、サイモン」と「アグリーベティ」好きなはず。





ランキング参加中!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード