数年の海外生活を経て、今は某外資系企業で働いています。 映画・海外ドラマの感想を書いていきます。

グレイズアナトミー・アレックス役ジャスティン・チェンバーズの降板エピソード予告編公開

シーズン16で降板がアナウンスされたアレックス・カレフ役のジャスティン・チェンバーズの最終出演エピソード予告編が公開されました。 




シーズン16×16話が最終エピソードです。
グレイズアナトミーは海外ドラマで一番はじめにハマったドラマ。
当時は24やプリズンブレイクが大ブームで、グレイズアナトミーの知名度は低め。
何かの特典映像で入っていたグレイズアナトミーの第一話を見た瞬間、「こんなに面白いドラマがあったんだ!!!日本の青春ドラマみたい!!!」とすごい衝撃を覚えて、そこから一気にドはまりしました。
でも、周囲ではグレイズアナトミーを見ている人は誰もいなくて(今でもほとんど会ったことない)、誰とも面白さを共有できないことにもどかしさを感じておりました。
とはいっても、シーズン10くらいで挫折していて、もう見ていないんですが、、、。


同期5人組がメレディスとアレックスしかもう残っていないので、アレックスの降板は正直言って寂しいし、ずっと見ている人からしたら結構ショック。
シーズン1ではメレディス・クリスティーナ・イジー・ジョージ仲良し4人と意地悪で嫌われ者だったアレックスが今となってはいい人キャラ&メレディスのベストフレンド的存在になっているので、長い歳月の重さを感じます。


予告編もアレックス降板でちゃんと作っているので、円満降板だったのかな。
プロデューサーのションダ・ライムズは橋田寿賀子並みに気に食わないキャラを唐突に抹殺することが多々あるため、(デレクが突然事故死したり、唐突に銃撃犯が病院を襲い、準レギュラーを大量抹殺、台風で準レギュラーだったインターンが感電死、飛行機墜落でレクシーとマークが死亡、、、、どんだけ災難多い病院なんだ、、、)アレックスにはキレイな降板エピソードを作ってほしいなと思う今日この頃なのでした。

それを考えたら、クリスティーナの降板エピソードも感動的で円満降板なのが伝わってきました。

果たして、アレックスが生きて去るのか、事故死になるのか、どんな感じで去るのか楽しみです。



Huluでシーズン13まで2020年2月28日時点で配信中。
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Hulu「28日後...」を見た感想ーパニック時には人が一番怖いー

新型コロナウィルスが世界中で感染拡がる昨今、2002年製作のイギリス映画「28日後...」を見ました。
監督はスラムドッグミリオネア127時間のダニー・ボイル。



猿の感染を発端にゾンビ化するウィルスがイギリスに蔓延して、、、、という話です。
今はゾンビ映画やゾンビドラマが定番コンテンツとなっていますが、ウォーキングデッドが放送開始されたのは2010年なので、当時でいえば結構先行ってますよね。

映画としては前半はゾンビから逃げ、後半は人同士の争いという展開です。
主役のバイクメッセンジャーが後半に無双状態になるのは映画的ではあるし、走るゾンビ設定もそこまで生かされていない気が。。。
でも、最初から最後まで緊張感を崩さない展開ですので、飽きずに見れます。



127時間やスラムドッグミリオネアのほうがダニー・ボイル監督作品としては面白かったかなー。
個人的にはゾンビ映画としては「ドーン・オブ・ザ・デッド」のほうがゾンビ設定生かしていてエンディングも救いようがなくて好き。


2020年2月25日現在、U-NEXT、Huluで見放題配信中です。





Hulu「水原希子のブラを捨て旅に出ようーインド編ー」を見た感想~ジョードブル行きたい!~

Hulu「ブラを捨て旅に出よう」第三話(インド編)を見た感想です。


海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

正直、水原希子の演技や余計な演出はいらないんじゃないか、と引き続き思います。
ちょっと鼻につくし、わざとらしい。
ガンジス川で沐浴する際の過剰にドラマティックな演出は大げさすぎ。
でも、ブルーシティと呼ばれるジョードブルはすっごい行きたくなりました。
お城のライトアップや建物が青い町、きれいだったなー。

水原希子があまり知られていないマニアックだけど素敵な町を旅行するだけでも、番組として成立すると思う。

アマゾンプライムビデオ「オレンジデイズ」を見た感想

アマゾンプライムビデオにTBS日曜劇場で放送された妻夫木聡主演の青春ドラマ「オレンジデイズ」があったので第一話だけ見ようと思ったら3日で一気に全話見ちゃいました。



気づけばオレンジデイズが放送されたの2004年なんですね。
もう16年経つなんて信じられない。。。
ドラマではもちろんスマホは出てこなくて、オレンジレンジの上海ハニーやケミストリー、浜崎あゆみがセリフで出てきたりするので、そういったところでは時代を感じました。

でもファッションに古臭さを感じないのは今の大学生と感覚が違うのか自分の時が止まっているのか、実際当時とファッショントレンドはあまり変わっていないのかは、よくわかりません。。。

大学4年生の妻夫木聡が就職活動や進路、大学生活最後の青春を柴咲コウ、瑛太、成宮寛貴、白石美帆と楽しむ様子はキラキラしてて眩しかった。
最終回は柴咲コウの結婚がいきなり決まっていて駆け足で最終回まで持ち込んだ感半端なかったですが、最後は妻夫木聡とハッピーエンディングで、登場人物もそれぞれ自分の道を見つけて、2020年に見返しても甘酸っぱい気持ちにさせてくれる神ドラマでした。


ちょうど自分が大学生だった当時に放送していたので、すごく印象に残っているドラマ。
そういえば第8話にチョイ役で田中圭が出演していました。


最近こういった大学生活を舞台にした連続ドラマって聞かない気がする。
それとも知らないだけでネットドラマやAbemaTVで放送されてたりするんだろうか。

あすなろ白書、オレンジデイズの系譜につながる大学生活を舞台にした青春ドラマ、2020年代でも見てみたいと思う今日この頃です。

オレンジデイズ、2020年2月24日現在だとアマゾンプライムビデオとHulu、U-NEXTで配信中です。





アマゾンプライムビデオ「シリコンバレー」シーズン1を見た感想

IT業界を舞台にしたビジネスドラマにはまり、「ホルトアンドキャッチファイア」に続き、「シリコンバレー」を見ました。
感想としては、コメディドラマとして大変面白い。
1エピソード30分でシーズン1は8エピソードだけなので、気づいたら全部見終わってました。




あらすじは自分でも気づかずファイルの超圧縮技術を開発していたリチャードが投資家からの出資を受けて、会社を起こすお話です。
会社メンバーのみんながある意味ボケ役なので、コメディとしてかなり笑える。
スタートアップドラマとしては、メンバーを集めていくドラクエ的要素はほぼないので、「ホルトアンドキャッチファイア」のほうが冒険を進めていくような面白さはある気がします。

どちらのドラマもプレゼンがうまいけど技術に弱いスティーブジョブズタイプのキャラと技術はあるけどビジネスセンスはあまりないウォズニアックタイプがいるので、このスタイルはIT業界スタートアップドラマのある種、テンプレになっていますね。


シーズン1は圧縮技術を持っていること以外会社の方向性がはっきりしていない段階。
シーズン2からどういった展開になるのか楽しみ。

シーズン6でシーズンフィナーレを迎えたようでアマゾンプライムで2020年2月20日現在、全シリーズ配信中です。




カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード